Moonlight Butterfly 兼 僕ミシュラン
いいナマケだ。ニートレベル3.2ってところだな、まだまだ働けなそうだ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
仮面ライダー鎧武 第28話 「裏切りの斬月」
web拍手等レス
>返答がなかなか来ない時って先方が迷ってる場合が多い~
キープされるだけありがたいのかもしれませんね…。ぶっちゃけ省エネが大っきらいなので何か凄い発電のやつ(ちゃんと書かない)をなくそうとするのは困る。何かあったらとか正直知らんとしか。冷房大好きな人間です
>ゴジラはあのイグアナみたいにならないことを願うばかりです
流石に同じ道は辿らないと思いますが、デカい=強いってわけじゃあないような気がするんですよねぇ新ゴジちゃんは

次何するんだっけ?やらなくてもいいのにやろうとすることがたくさんありすぎる。




・舌打ち
今回はナレーション後すぐOPでCMなしですぐ本編。貴虎との和解で上機嫌で鎧武のガレージに帰ってきた紘汰。ミッチの無事を確認するものの当の本人に舌打ちされるオチ。オーバーロードはまた逃がしたけど貴虎と和解できたとみんなに報告して内心でビビるミッチ。ぶっちゃけ兄さんに苗字を名乗らせなかったのは番組的にミッチのことがバレないようにするためなんだろうが、正直ミッチの本名が仲間内で一度も出てきていないのでそれをされても、むしろ本名をチームの連中は知っているのか?という疑問しか湧かない。名前しか分からないけど白いのが協力してくれそうということで喜ぶ一同。

・葛葉家大ピンチ
希望が見えてきたのに葛葉家の家計が厳しくなっていた。働いていない紘汰っていうのは結構前からだったけど、急にぶっこんできた貧乏展開。沢芽市がおかしくなっている影響なのか、それとも紘汰の関係者ということでユグドラシルからの嫌がらせで姉の仕事に手が回されたのか。(ユグドラシル傘下のOLさん設定)結局インベス退治のためまた面接受けれない展開に変わりないから意味ないシーンだよな…。「今度は遊びじゃない。大切なことをしてるんでしょう?だったら、今やるべきことをちゃんとやり遂げなさい」結局姉にこれを言わせるためのシーンか。

・何度目だ面接遅刻
甘えてばかりはいられないと一応バイトの面接に向う紘汰だったが予想通りインベスが暴れまわっていて退治することに。もうミッチの嫌がらせなのではと思えてならないわww面接をブッチするのはともかく履歴書を投げ捨てる必要性ないよなぁ…。

・鎧武VS初級インベス
久しぶりにパイン使用。いや、うん。カチドキどころかジンバーがそこそこ強いのでもうノーマルのアームズチェンジの必要性が…。

・貴虎(のみ)大歓喜
いつものユグドラシル幹部会議。オーバーロードに接触すれば人類が助かるかもしれないと嬉しそうに説明するが貴虎以外は皆知っているので興味ゼロ。兄さんのボッチぶりがかわいそうでかわいそうで…。この素晴らしい事実を教えてくれたので葛葉紘汰は敵ではないと認定する兄さんだが一同はそれぞれ紘汰を疎ましく思ってるのでスルーしてて笑えるw希望や可能性に縋ってしまうのは貴虎の弱さだとミッチ達には映ってるんだよなぁきっと。

・お叱り
デェムシェは勝手に行動したことを偉いらしいロシュオに怒られてる…のか?日本語じゃないので何言ってるかさっぱりわからんw

・続・戒斗とミッチ
相変わらず森を探索中の戒斗さんに近づいて口封じをしようとする小物なミッチ。しかし紘汰は信じないだろうから戒斗はそもそもバラす気はないらしい。だったら戦う必要もないかと思いきや敵認定されているのでむしろミッチは戒斗から始末される可能性が。口封じに来てバラさないと聞いたら自分は邪魔しないと取り入ろうとするとかミッチ小物すぎてw「言ったはずだ。奴は邪魔者であって敵ではない。だが…貴様は違う。貴様は敵だ。貴様のような卑劣なだけの弱者は俺は決して認めない!今日のところは見逃してやる。さっさと尻尾巻いて逃げるがいい」見逃すんかい!相変わらず戒斗さん面倒臭い!力を手に入れる前からこうだった気もするので、調子に乗ってる感は……まぁちょっとはあるだけどさw

・祝!バイト決定
また面接すら出来なかったと落ち込む紘汰。しかし阪東さんがいい人過ぎてパーラーで働けることに。

・大した奴だ
元々ある程度高かった紘汰の評価が兄さんの中で更に急上昇中。諦めてしまった自分と違って凄いと評し、ミッチもそういうところに惹かれてあいつの傍にいるんだな、と今更という言葉がぴったりの台詞を吐く。当然もうミッチにとって紘汰は消えて欲しい存在なので、彼を持ち上げる声は耳障りこの上ない。「そうだね…紘汰さんのせいだ」『紘汰さんと関わると、みんなおかしくなってしまう。あの人は…危険だ』現状維持とそれを守ってる俺最高!というスタンスになってしまっているミッチにとって紘汰の姿勢による周囲の変化は受け入れられない。

・オンドゥルルラギッタンディスカー!?
皆を引き連れオーバーロード捜索に向った貴虎はシド、湊、ついでに凌馬にも襲われてしまう。2対1でもなんとか戦えるほどの実力者だが不意打ちダメージも残ってるだろうし強いとされているデュークも加わるとなかなか難しい。見学に来た光実に後を託し兄さんは崖から転落してしまうのでした。まあ崖落ちとか池ポチャは大概死なないはずだが、相当高い崖落ちだなこれww普通なら死ぬような気がする。旧斬月での復活は流石にやってくれるよね?偽真を圧倒してくれたら嬉しいんだけど…。兄を見殺しにして地位だけじゃなく敵を倒すための力であるゲネシスドライバーをメロンエナジーをゲットするミッチ。

・貴虎不在
のこのこユグドラシルに貴虎に会いに来た紘汰だがヘルヘイム関連の人員はいないことになっているのかそれとも凌馬らが存在を抹消したのか、貴虎という社員はいないと突っ返されてしまう。

・頑張れバイト君!
結構偉いはずの兄さんがいないことを不振に思いつつパーラーでバイトを開始した紘汰は森にいたり街に戻ってきたり忙しい戒斗さんにお客は神様というのを身を持って知らされてしまう。「全く。気が利かない店員だ」

・罠
注文が入って意気揚々と向った先で紘汰はいきなり斬月・真に襲われてしまう。どう考えても偽者です。本当にありがとうございました。斬月の悲壮感溢れる覚悟の強さの雰囲気がなくて偽者だと見抜いちゃったりするほど紘汰さんは実力者じゃないので貴虎の豹変に戸惑い変身すら出来ない。そんなところにやってくるのは勿論我らが戒斗さん。

・やはりこういうことか
え、何が…?!つうか戒斗は店の店員が配達を頼まれるという通常業務すら怪しく思ってストーキングするって疑心暗鬼すぎて日常生活不自由してないのかな…。ただ、最近の戒斗は痛さはそのままだけど非日常における頼もしさはあるので来てくれると安心する。それでもやっぱり目の付け所がキモすぎるんだけどねw

・バロンVS真・斬月(偽)
一度か二度痛い目に遭わされているので戒斗的にリベンジ。ぶっちゃけガチでやるなら貴虎斬月には敵わないと思うけど相手は偽者なのでそこそこいい勝負。というよりは戒斗が強いのではなくミッチが弱いと思われる。(斬月の力をちゃんと扱えてない+戒斗の言う意味での弱者)戒斗こそ上記のように別人って気付いてくれたら強さにこだわってるなぁって思うんだけどねぇ。ぶっちゃけデュークとバロン(レモンエナジー)の例的にライドウェアと顔は個人によって違うという設定なのかなと思ったが、どうしてだかミッチが変身しているのに貴虎が変身している斬月・真と全く同じ姿。正直どういうことなのかさっぱり分からない。設定をもう少し練るかハッキリさせて欲しいんだよなぁ…。

・阻止
結局一番の脳筋だったりするので実力行使で止めるしかない紘汰。カチドキは頑丈なので防戦には向く。貴虎にどういうことなのか尋ねようとするが当然答えず代わりにインベスを召喚して逃走。「雑魚が!」との言葉通り鎧武とバロンの素人二強には召喚インベスは僅かな足止めにしかならない。ぶっちゃけ二者のストレス解消にぶちのめされるのみである。南無。

・痛い目をみなきゃ分からんような奴だ
「貴様は他人を信じ過ぎている。最後に頼れるのは自分の力だけだ!」「違う!人は分かり合えるはずだ…!」甘いとか責めるようなことを言うけど紘汰さんが気になってついてきたのはどこのどなただっけ…?結局仲間に寝首をかかれないようにと優しい忠告まで。戒斗さんが典型的なツンデレになりつつある。

・真・斬月(偽)の正体は…
ミッチでした。うん知ってた。

・裏切りばっかり
禁断の果実のため貴虎を葬ってご満悦のプロフェッサー。しかし自分も禁断の果実を手に入れたいのシドによってユグドラシル側のクラック固定装置破壊されてしまうのでした。「じゃあな。ここからは正々堂々と出し抜かせてもらうぜ」機械が直ってもクラック固定化が可能か分からないので、現時点では自由にヘルヘイムに行けるのはロックビークル所持者のみ?

・次回予告 「オーバーロードの王」
生存確実でオーバーロードと接触する貴虎。鎧武VS偽斬月・真。



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.