Moonlight Butterfly 兼 僕ミシュラン
いいナマケだ。ニートレベル3.2ってところだな、まだまだ働けなそうだ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
仮面ライダー鎧武 第38話 「プロフェッサーの帰還」
後ひとーつ!(白目)




・破壊されたドライバー
例のサッカーのせいで遅れたため兄さんとミッチの戦いを止めることは叶わず。破壊された戦極ドライバーとメロンロックシードを発見する紘汰。そしてそれを見ているプロフェッサー。利用するために紘汰を観察しているだけだと思われるので兄さんを助けているというのはなさげ?まぁ瀕死の人間を人体実験とかには平気で使いそうだけど…。

・貴虎の幻影
実の兄を手にかけたことでいい目になったとレデュエに褒められるミッチ。罪悪感よりも呉島貴虎の呪縛から解かれた嬉しさの方が強い模様。しかしミッチは兄の幻影と会話をし始める。口では気が楽になったと言い、本人も実際にそう思っているのかも知れないけど奥底で後悔くらいないと幻影に取り付かれることなんてそうそうないと思う。一人では何も出来ない半端者とか呉島貴虎からは逃れられないとか兄さんの幻が言っていることはほぼミッチが自分自身に対しての評価だと思う。乗り越えるというよりはただの排除だもの。「もしかして…壊れちゃった?」

・煽りマスター凌馬
ガレージに戻って止めれなかったことに打ちひしがれる紘汰。罪を重ねるのを止めなきゃ本当に一人ぼっちになってしまうとやる気を取り戻すがいきなり現れる凌馬に煽られる。割と地味に凌馬が大概悪いのでキレて襲い掛かる紘汰だがかわされまくり。研究第一で運動が出来ないかと思いきやどういうことだろう?と思ったが紘汰の行動パターンを見切ってるとかそんな感じか。ゴミの中に突っ込まされた紘汰はガス抜きさせられるために変身。

・鎧武、バロン、ナックルVSデューク
デュークが強いことは知ってるはずなのにノーマルオレンジからなのは何故なの…舐めプ出来る相手じゃないだろうに…。ジンバーレモンだったりゲネシスバロンだったりレモン率高いなwwジンバーで一矢は報いてるけどこれプロフェッサー本気じゃないからなあ。3対1でもカチドキ以上にならない限り正直苦戦しそうにない怖さがある。

・プロフェッサーの提案
やって来た凌馬には紘汰達の事情は色々お見通し。捕まった人達を助けたいなら凌馬専用の隠し通路を教えるよとのこと。選択肢はないが勿論それを簡単に信じるビートライダーズ達ではなく、どうするか考えることに。

・滅び行く者の最後の責務
猿がいっぱいなので王妃を目覚めさせるには充分なエネルギーが溜まりそうと言うレデュエだったがただでさえ少ないフェムシンムの民がますます犠牲になったと嘆くロシュオ。王妃のことしか頭にないくせに一度頂点に立ったせいか雑魚オバロとはいえ気にかけてたらしい。お前が猿に知恵の実の力の一部をやったからだろ(要約)とツッコムレデュエでした。「人類は敵ではない。彼らが滅びる定めの猿に過ぎぬから芽を摘むだけの事。だが…人類の中にただ一人でも未来を切り開く者がいるのだとしたら、考えを改めねばならぬ」人類への評価が高い=知恵の実が自分に回ってくる可能性が減るのでキレるが逆ギレされるレデュエさんでした。人類を完全には見限っていないロシュオに感心するミッチ。でも可能性を見定めるのってミッチからしたら病原菌なんじゃあ…。

・伸るか反るか
紘汰は姉を助けたい、捕まった人を助けたいという感情論のみで凌馬の話に乗ろうとして袋叩き。戒斗さんは凌馬の思惑などどうでもよくて利用出来るならするだけで同意は不要。どっちもやろうとしていることは同じなのに、答えは出てるくせに周囲の意見を聞こうとする紘汰が戒斗さんに比べて情けなく見えてしまうww

・ベルトに頼りっぱなし
いつ襲われるか分からないのもあるだろうけど戒斗がベルトつけっぱなしなのはやっぱり傷の進行を抑えるためなのかなぁ…よく分からん。紘汰が食事しないのはもう視聴者にはモロ分かりですけれども。

・思い描く未来
平和になったらみんなでパーティという死亡フラグ満載の発言をする舞と紘汰。みんなという部分ミッチも含まれているということに突っかかる戒斗さん。舞に関しては友を見捨てない強さだと認めているのに紘汰がそう思ったらダメらしい。舞は力がないからこそ出来ることをしているということなんだろうけど紘汰はミッチを止めれる力を持っているのにそれをしてないからかなー。「だがお前は?他人のためばかり戦うお前に、自分自身が思い描く未来はあるのか?」散々言われている紘汰には主義主張がないというのをここにきてようやく指摘されました。個性がないのが個性ってあんまり好きではないので、戒斗さんの紘汰に対する発言は毎回楽しい。結局自分の考えを披露できないまま終了。戦いが終わったら聞かせてという更にフラグを積みまくる舞でした。

・ミッチ襲来
食料調達中の舞とペコのもとに現れるミッチ。ぶっ壊れているので舞を連れて行くの一点張り。「黙ってろよ、クズ」止めようとしたペコがオバロにフルボッコにされてしまい、狂人のようになっているミッチの言動にビビってペコを守るために舞はついて行くことに。他人をクズ扱いするのは初期の兄さんの真似なのですが、社会に貢献しない無責任な連中を指してのこと。ミッチの場合は自分が認めないというだけなので意味のないただの中傷である。ていうか力のない一般人は最低限ベルト持ちと行動しようよ危険なんだから…「一緒に来て下さい一緒に来て下さい一緒に来て下さい一緒に来て下さい」瀕死のペコから連絡を受けやって来る紘汰と戒斗。舞がミッチに連れ去られたということで紘汰はペコを放置。しょうがないけど露骨に舞>ペコなのがなぁ…。

・鎧武VS斬月・真
即追いつく紘汰。「舞さんは選ばれた人間なんだ。お前のようなクズが一緒にいていい人じゃない」うーん、まだ病原菌扱いだったらいいんだけどなぁ。殺す気満々で変身したのでまたジンバーレモンへ。確か何度かはジンバーでミッチ斬月とは戦えてるからの選択なんだろうけど狂った方に吹っ切れてて圧倒されてしまう。絶許ゲージが溜まってカチドキになるものの全然敵わない。

・幻影再び
トドメを刺そうとしたミッチの前にまた主任の幻が。身近な者全てに手をかけるとか、舞さんもそのうち邪魔になるとか完全に行き過ぎる可能性を自分で自分に示してるんだよなあこれ。

・鎧武、バロンVS斬月・真
ペコをどうにかしてきたのかバロンも参戦。鎧武もやる気を出してみるもののバロンの邪魔しかせず本気で戦えと言われ極へ。優位に進めるかと思いきや、痛みを感じてないんじゃないかというレベルの斬月に攻撃を弾かれ、またまた現れた兄さんの幻影ごとぶち抜かれてしまう鎧武とバロンでした。「僕はこの手で未来を掴む。もう誰にも邪魔はさせない!」カチドキはまぁ兄さんの時に互角の勝負をしているからゲネシスを使いこなせばなんとかなるのは理解できるんだけど、極をやっちゃいかんだろ…。どうせまだ迷いがあったから、で済まされるんだろうけども。

・撤退
劣勢極まりないので撤退を進言する戒斗さん。そんなの戒斗さんじゃない…「待て!今のお前では、あいつに勝てん!」「いいよ、見逃してあげる。さっさと尻尾を巻いて逃げろよ」一度戒斗さんはミッチに対して同じことを言ってるので、絶対に意趣返しだこれwwていうか恐らく本気で戦ってないくせに勝てないと言われてキレるって紘汰さんも大概だなぁ。強制撤退させられてキレるが「戦ってみて分からなかったのか?あれは、迷いを捨てて覚悟を決めた奴の強さだ」と言われ納得するしかない紘汰さんなのでした。「あいつはもう何も恐れてはいない。決定的な壁を乗り越えたんだ。もう…後戻りが出来なくなる一線をな」

・次回予告 「決死のタワー突入作戦!」
プロフェッサー大勝利。ここは俺に任せろー。



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.