Moonlight Butterfly 兼 僕ミシュラン
いいナマケだ。ニートレベル3.2ってところだな、まだまだ働けなそうだ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
仮面ライダードライブ 第9話 「どうすればクールボディになれるのか」
映画と第0話を見てなんとなーくやる気を回復させる。プロトの正体は案の定というか。シャドーを使ってるのはまぁ…。




・新車
消防車のファイヤーブレイバー、ロードローラーだッ!!のローリングラビティ、そしてニューボディのタイプテクニックのシフトカーが登場。何気にローグラはシフトカーの道を作っているらしい。よく見ると出てはいるようだけどほとんど意識して見てなかった…。

・クールな心
特殊技能車の装備を正確に操れるタイプテクニックになるにはクールな心が必要。正直進ノ介はそれから程遠いキャラである。案の定レバーが入らない。「変身。…あっ…あれ?何でだろう?動かない…何だよ!その「やっぱり」みたいな顔!」

・火事
Q,急にブレイバーが出動?A,急や。消防車なので当然火事を感知した模様。どんよりも起きてる上にあちこちで連続ボヤ騒ぎが多発していたので特状課の出番。「深夜アニメの一気見は流石に目に来るな…」入れなくてもいい情報なので流石究ちゃんとしか言いようがない。

・クールモドキ
捜査に行こうとする霧子だがタイプテクニックになりたい進ノ介はどこかのハーフボイルドより酷い中二病を発症。クールぶっているもののピコピコ装置を忘れて動揺したり使えない部下扱いされたり酷い状況に。挙句「クールな男になる七つの方法」という本を読んでいたのがバレ恥ずかしくて自殺しかねないところまで追い詰められる。この本の著者は某探偵じゃないよね?ww

・少年とロボ
ボヤ騒ぎのあった場所で昨晩サイレンが鳴るちょっと前に玩具のロボが壊れたという野崎輝彦少年と知り合う進ノ介ら。現場では家電製品がぶっ壊れまくっていて即トップギア。明らかに怪しい二人組みの男がいたので話を聞こうとしたら下級ロイミュードでした。追いかける進ノ介と霧子だが明らかに霧子の方が肉体スペックが上ww「重加速の中で動けるということは、仮面ライダーの一味だな!」「一味?ハズレだね」「本人です!」ベルト取りに言ってる数秒でも超人である霧子じゃなかったらやばいよなぁ。

・ドライブVSボルトロイミュード、037、103
変身して戦闘開始したら電気を操る能力を持つ進化態のボルトが。この時点で謎は解けたが戦闘が先。電気によって銃撃が逸らされてしまうが正確な射撃が出来るTTなら攻撃が可能。勿論クールもどきなので変身出来ず仕方なくTWで037を撃破。しかし広範囲攻撃で一般人が怪我してしまい治療を優先して逃げられてしまう。フルスロじゃないので痛くない治療だったと思われる。暑っ苦しい輩なのでTWはもう無条件で変身できるなぁw

・顎の人と死神
仮面ライダーの登場で計算が狂ったと愚痴気味のボルトと103の前に現れる魔進チェイサー。ボルトはWにも出ていたあご勇さんである。つうか死神さんは一方的な言い訳を聞いて帰って行くってお前何しにきたんだよw『少し…甘過ぎるか?俺はこの間からどうかしている。これも仮面ライダーとその仲間のせいだ』自問自答する死神ワロスwというか「おのれディケイド」とか「晴人のせいよ」とかと同レベルの発言になりかねない。知り合いだった発明おじさんにロボットを直して貰いに来た輝彦は彼が放火魔だったと知ってしまい捕まってしまう。まぁ成り代わられてるのは分かるんだけど、それ以前にこのご時勢柄怪しいおじさんに近寄るのはどうかと思う。しかもちょっとした恐怖映像。

・空中放電による放火
電化製品が激しく損傷していて、ボルトが電気を操るロイミュであることからそこを火元にした放火したと推理する進ノ介。使えない部下を使えるようにする占いでのラッキーカラーは「緑」。放火方法は分かったものの、目的が不明。それは置いておいてボルトの潜伏場所であるスクラップ工場を即見つけ出す特状課の面々。おのおのが尖りすぎててやはり便利過ぎる…。(主に究ちゃんとりんなさんが)

・発明おじさん作、電気を盗む機械
スクラップ工場にやって来た進ノ介と霧子は街の電気を盗む機械に埋め込まれている輝彦を発見。恐怖映像の次はグロかよ!(勝手な印象)制御装置を103が回収したから街に電気が逆流しまた大火災が起こるらしい。機械の中で苦しむ輝彦に大爆笑するボルトに対し進ノ介はマジギレ。

・明鏡止水
いわゆる怒りで心が落ち着いた状態。去っていこうとするボルトを逃がすつもりもないし子供を助けないわけでもない。「助けるに決まってんだろ!驚きだよ。怒りで頭がシーンと冷える事もあるんだな」怒りで冷静になった進ノ介はシフトテクニックを使用することに。「お前らは思い切りクールに裁く。…変身!」

・仮面ライダードライブ タイプテクニック
「いいぞ!これで君は最強のメカニックマスターだ!」冒頭で解説自体はされてるので特に書くことはない。精密な動きとか機械に強いとか。何気にスピンミキサーはタイヤ6つなのでこの姿の時の方が扱いやすいらしい。重い系の特殊技能車もTWの方がいいような気がするんだけどなぁ。何にしても緑色の姿が微妙にダサい。タイヤは首なのでキャブを使用してネタになるくらいしか期待出来ない状態である。機械に強いということでロボットがイメージみたいで動きがぎこちない。しかし途中で普通の動きになってるので作業中のみと思われる。映画では…

・解体作業+戦闘?
正直どこにキーボードあるの?とツッコミたくなるけどキリがないので止めておこう。機械を解体しながら後ろに向けドア銃で狙撃しまくり。「俺、分析しながら敵を攻撃してるぞ!何も考えないで両方できる!」さっさと逃げろよボルトさん達はと思わないでもない。意識外の行動といえばフォーゼのハンドモジュールを思い出す。そして腕が3本欲しくなるので消化能力だけではなくハシゴを利用するためにブレイバーを使用。シフトカー自体の能力的におそらく本来は炎を消す能力がメインなんじゃないかと思うが…まあ腕が欲しいならしょうがない。解体したら爆発するっぽいので輝彦を引っこ抜いてまたまたハシゴを利用して吹っ飛ばして機械を排除。マスコミ編での正体バレはなかったっぽいけど初めての正体バレが子供っていうのは仮面ライダーっぽい気がしないでもない。霧子に輝彦を任せボルト達を追うことに。

・トライドロン タイプテクニック
逃げたロイミュを阻止しようとするトライドロンさん。主人乗ってなくてもベルトさんが動かせるので正直ドライブの存在が…。タイプテクニックのモードはアームが出現して車を投げ返せる模様。精密…?危機を感じたボルトは103に制御装置の一部を持って逃げろと指示するもやはり主人が乗っていないのにタイヤフエールしたトライドロンに打ち落とされてしまう。

・ドライブVSボルトロイミュード
「せっかくの試運転だ。もうひとっ走り付き合えよ」調子に乗って重力を操ると聞いていたのでローグラを使って動きを止めようとした結果自分の動きが止まるという。何だよ10tオモーリってwwパワーが必要だからTWの方がいいと思うけどタイヤは6つなのでテクニックの方が相性はいいみたい。10tで殴られると正直とんでもないことになりそうだけど相手はロボットみたいなものなのでセーフ。何とか使いこなし動きを止めてドア銃でフィニッシュ。またノーマル状態でのドロップ技をやらない…「僕は…僕は死なないよ…」どこかで聞いたような台詞とともに一応コアも爆発。

・ラブレター
打ち落とされただけなのに瀕死状態でハート達のもとにたどり着いた103は制御装置の一部を渡して消滅。コアが爆破はしてないけど砂になったし死んだのかな。「ボルトの遺産…。いや、俺へのラブレターみたいなものか」また仲間をやられて悔しいのう悔しいのうwwというチェイスさんですけどだったら助けにいけよという。

・内緒の絆
流石になんかあったらヤバイだろうし病院に行ってた輝彦だすぐ退院?お見舞いついでに仲間が直したロボットを返却。恐らくりんなさんだと思うがここはTTでもよかったんじゃないかなぁ。そのためのタイプだろうに。頭がいいというか聡明?な輝彦は仮面ライダーの正体は秘密ということに気付いていた。ということで賄賂+販促のために仮面ライダーのエンブレムっぽいのをプレゼント。「内緒の、俺達だけの絆だ」TWは後半にだったけどどうして前半でTTになったのかというと、映画にタイプチェンジを入れたかったから。(正直意味がなかったけど)

・次回予告 「ベルトの過去になにがあったのか」
殺されたんとちゃう?


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.