Moonlight Butterfly 兼 僕ミシュラン
いいナマケだ。ニートレベル3.2ってところだな、まだまだ働けなそうだ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
仮面ライダードライブ 第21話 「不揃いの死者たちはなにを語るのか」
ぼんやりしながら書いたらそれほどキツくなく書ける。まぁ新フォーム登場回前半だからか。




・死んでる!
ジョギング中の男が死体を発見。発言がザンキさんの死体を見たイブキさんのようだw「全く、人間の残酷さも怪物に負けてねえよな」手口はバラバラだけど5箇所ほぼ同時に殺人事件が起きていた。その捜査があるので現さんは特状課のお手伝いが難しくなりそうだが、そもそもその事件に引っかかりを覚える進ノ介と自分の調べモノ優先の究ちゃん。どんよりも起きてないし流石にただの殺人事件なのでロイミュードは関係ないかもしれないと言う現さんは、既に容疑者に不審なバイクの男に目星をつけていた。どう考えても死神さんです。本当にありがとうござました。

・人殺しの機械
ついに殺ったとチェイスを倒せる理由に喜ぶ剛とチェイスの犯行だとは信じられない進ノ介と霧子。あくまで倒す気満々の剛と同じくベルトさんも死神がメディックに変わったならばプログラムが書き換えられ戦闘に特化してるかもしれないので危険だから排除すべきだと判断。人間を守れというプログラムが深く刻まれているようだが、それが幻聴に出てきてた辺り大概ベルトさんの呪いっぽくあるw進ちゃんが初代仮面ライダーを倒すことに難色を示すと顔が曇るので多少の思い入れはあるようだが。チェイスのことを信じたいが、本当に人を殺しているなら倒さなくてはいけないという意思はある進ノ介。

・決着の時
072も仮面ライダーに倒されたんですぅ!とぶりっ子ぶるメディックは自分が始末したことをバラされても困るしチェイスに仮面ライダー抹殺してもらう気満々。洗脳やらパワーアップやらが進んでいるせいかチェイスがたかだか普通のタイヤをバラバラにして大喜びする一同。(ブレン除く)

・職質失敗
バイラルコアもシフトカーと同じく意思があるらしくチェイスが警察に付けられてると教えてくれる。恐らくは元を同じとするコアドライビアを積んでるアイテムだからそうだったとしてもおかしくないがさらっと出てくるなwでも完璧だと言われた端から警察に怪しまれてるってすごい大ポカです。バイクを発見し持ち主に職質する現さんだが投げ飛ばされてしまう。特に正体バレとか気にしてないのでライダーの出現を確認し即変身するチェイスさん。

・人助け
仮面ライダーが2人いると目撃するお尻に何か刺さった現さんとその他1名をキャブで避難させるドライブさんだが気持ち悪がられてしまう。「俺は仮面ライダードライブ!じゃあな!」体が分離したのがキモいって意味なんだが、僕的にはキャブのタイヤのブツブツがキモい。

・マッハ、ドライブVS魔進チェイサー
(更なる強化が残っている)チェイスが強くなってたのでデドヒになるが超重加速を会得しつつある魔進チェイサーには全く敵わない。というのを見ていてもチェイスを撃てない霧子なので命の恩人>弟であるのが判明。意外に酷い姉だったw姉と違い止めるためにTTで撃って説得しようとするドライブさんだが聞く耳持たれず。「あんたはプロトドライブだ!その奥底にある、人間の守護者としての心は決して消えないはずだ!」「俺が守護するのはロイミュードだけだ。ロイミュードのためならば、他のどんな命も奪う!」ただ、人を手にかけたのかと尋ねても反応がないので別人が犯人なのは確実そう。プログラム変えられても基本的にアホほど真面目っぽいので隠し事とかしないというかする必要がなさげだと思われる。しかしデドヒが限界で解除するという個人的に見たかったものをさらっとやるなぁ…。

・小競り合いはつまらなくてよ(視聴者の代弁)
ガチで潰し合ってもらわなくては困るのでやって来たメディックさんが煽る煽る。ライダー側が倒す気ないならそうせざるを得ないようにするためかチェイサーを退かせ、仕切りなおさせるために新しい死神を差し向ける。メディックは強化改造できるという設定を傍観してるブレンさんが解説してくれたが、ここで3体も使うとは明らかな数減らしに思える。(メディックと製作者的に)まぁ置いてかれた104しか倒されたかったけど。

・仮面ライダー見ちゃった
どうも姿はライダーとそこまで違わないような気もするがチェイサーさんが怪物扱いされたので特状課の事件に。フルボッコにされても仮面ライダーをハッキリ見たことで元気な現さんが想像図を持ってやって来る。しかしめちゃくちゃ絵が上手くなってるんですがそれは…。しかしマッハの絵にチャラいって書いてあってワロタw姿が違いすぎるから複数人いる誤認は分かるけど、さらっと2人と言っていいのだろうか。課長くらいは実は知ってたでもおかしくはないんだが、これで正体バレしないんだからすごい人達である。

・犯人は誰か
過去の事件からも仮面ライダーは2人であると口走った進ノ介は被害者が過去の事件のロイミュード達がコピーした元の人間であると気付く。しかし死亡推定時刻が同じなのは矛盾すると指摘され、挙句剛からはチェイスがやったのではないと思いたいだけで都合のいいように解釈してると言われてしまう。結局チェイスにしろ真犯人にしろ証拠がない。

・ロイミュードの足跡
オフィスに突入してきた究ちゃんはロイミュ事件における重加速粒子以外の手がかりを見つけていた。「ロイミュードはコアと呼ばれる魂をネットワークに潜り込ませてコピー元を探す。だから僕のホームページやブログを解析して、ついに見つけたんだ!前回の事件で072が潜んでいた跡…特殊なデータのひずみをね!」今時ネットワークから切り離されている人はあんまりいないし、ロイミュ側からコピー元を探す手段としては便利だからなぁ。それでもそれを把握し見つけるというのは相当である。究ちゃん的に前回の件に対して色々思うところはあったんだと思われる。色んな意味で重要だった072回!072回!(大事なことなので2回言いました)

・やはり天才…
人格や趣味はあれでも能力的に高スペック過ぎる究ちゃんの発見はベルトさんも天才と認めるレベル。「西城究はやはりかなりの天才児だったね」それでもロイミュの犯行だという可能性は高まったものの理由も犯人自体も分からないまま。シフトカーを5チームにわけて被害者とかの捜査を再開…するが出動早々メディックに拉致られるシフトカー。最初がパトカーであるハンターってのは何か隠喩か?(過剰な推測)

・道具は大事にするのが人間のルールではないのか?
「必ず仮面ライダーを粉砕してみせる」ブレイクガンナーをクソ真面目に磨くチェイスさんのところへ姿を見せ、手助けしたいという見え透いた嘘でメディックへの邪魔のために毒を盛るブレンさん。どう見ても洗脳不具合化フラグです。本当にありがとうございました。(マジに)

・チェイスのお楽しみタイム
バイクで移動中のチェイスをストーキングするマッハ。一般人から逃げ回る際に変身しっぱなしだった時点で時間制限設定はもうあってないようなものだけど変身して追い回す必要はないよなぁ。しかも今回はとってつけたバイザー上げをしてました。チェイスはドライブを狙いたいようだから構ってられないっぽいけど、だったらライドクロッサーにして追いかけっこを強制中断させればいいのに。りんなさんがライドマッハーにチェイサー側の命令を遮断するよう改良したのかな?逆も然りだが。と、そういう暇もなくメディックとチェイスに立ち塞がられてしまう。「チェイスにはチェイスのお楽しみがある。俺にも一つ欲しくなってな!」「お楽しみなら俺からくれてやる!」

・デッドヒートマッハVSハート、メディック
デドヒは正直本体出力のアップで扱いづらいだけでやばかったら先ほどのように余裕を持って使用をやめればいいわけで、味方がいない場合は極端な意見として限暴走しても問題はない。ただしちょっと悲しいレベルの2号ライダーがパワーアップの速さだったので弱体化も速い。マッハだけに。ハート対策のデドヒなのに負け気味になるっていうのもちょっと勿体無いよなぁ。

・シフトカー全寝取り
ハンターからの救急暗号連絡SOSが。何かあったと思って向うが無事だったハンターに襲われる。というか殺人事件そのものがシフトカー達を分断して捜査に当たらせて捕まえるための作戦で、ハンターどころではなくシフトカーの全てがメディックに操られていた。それぞれ個別ならいいんだけど皆一緒に並んでたらどんなおもちゃの展示ショーだとしか言いようがないw「赤い仮面ライダーの仲間の力すべてを奪い、魔進チェイサーがトドメを刺す!」

・ドライブVS魔進チェイサー
ライダー化のための最終決戦開始というと少々不躾だがまぁそんな感じ。「砕け散れ、仮面ライダードライブ!ロイミュードの未来のために!」洗脳状態とはいえ名指しで倒すと宣言するライバルというのはいい…!そしてあろうことかライト扱いのソーラーを最初に武器として使ってくれたのが魔進チェイサーさん…。ソーラーはタイヤ作ってなさげだしなぁ。ここで最後のブレイクガンナー販促ついでに攻撃として使わせておこうという感じでしょうか。洗脳されてないのはベルトさんの端末でしかないタイプチェンジ用のものだけ。シグナルバイクも残っちゃるがここでドライブが使用するのもな…効果も不明だし。対チェイサー用の切り札TWに変身するがいい勝負にすらならない。出番のないスパイクで殴られるオチである。シフトカーの援護を受けれないどころか逆に攻撃され本格的にピンチ。もともと圧倒され気味だったのに超重加速で手が付けられない状況。

・超重加速
単語登録ししないと面倒くせえ。チェイスの時にメディックにちょっかい出されててこの力に目覚めた?っぽいので、チェイサーというよりプロトゼロの能力なのか…?そうなるとやはり基礎を作ったベルトさんすげぇということに。(なるんですか?)重加速を上回る超重加速を起され変身しているのに動けなくなるドライブさん。マッハは普通に動いているので強力だが効果範囲は限定的な感じ。「永遠の静寂。俺達だけの世界だ。決着がつくその瞬間までな!」結局霧子が戦闘に巻き込まれているのもあるけど進ノ介のためにデドヒを譲るのは2号の鑑としか言いようが無い。そもそも共用なのが問題なのだが。ただしデドヒでも動くので精一杯。

・続・説得
出来るのかよ!と驚きのトリプルチューンでトドメを刺そうとしてくるチェイサーにまだ説得を続けるドライブさん。人間はどうでもよくなくても何故か霧子という名には反応をしてしまう。プロトドライブだった時に人間を助けるプログラムがあったとしても助けた人間に対しては特に区別してないような気がするんだけど、霧子は何か特別なのか?単純にブレンさんの毒のせいでプログラム書き換えに不備が生じただけなのかもしれないが。ここまで書いてドライブさんの発言を捻くれて解釈すると霧子を巻き込むぞという脅迫である。きっと進ノ介は秘密主義とシビアなベルトさんに毒されたんだ。

・秘密主義大歓迎
チェイサーが苦しんでいる隙に秘密にしてた最新のシフトカーを使うしかこの場を乗り切る術はないと言うベルトさん。「今日ばっかりは、あんたの秘密主義も大歓迎だぜ」この期に及んでまだ隠し事がいっぱいあるベルトさんには不信感をそろそろ持っていいと思うが策があるだけマシである。ただし訓練なしはデドヒ以上に危険。「そう最初に行ってくれるだけ、いつもよりまだマシさ」やっぱ進ちゃん毒されてるわぁ…。

・タイプフォーミュラ
トリプルチューンというてんこ盛りな名の割としょぼかった全部乗せ攻撃の爆発の中から登場したのはやっぱダサいタイプフォーミュラ。まぁデッドヒートは要するに競走であり勝負が決まるなり今回マッハがやったように自分がまずいと思ったら乗り物を止めればいい。が、F1カーを普通の人がいきなり動かせるか?というので危険…なんだと思う。しかし予想通りの顔見せとはいえフォーミュラは変身音が本当にありえないほど格好いいのにデザインがなぁ…。

・次回予告 「F1ボディでどうやって戦えばいいのか」
ライセンスを取得する…?



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.