Moonlight Butterfly 兼 僕ミシュラン
ニヤニヤしてても、トクはねぇ!怠けるぜ無職!!ニィィィィト!!!!!
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
仮面ライダードライブ 第41話 「黄金のドライブはどうやって生まれたのか」
最近は暑すぎるせいか夜眠い。ただし昼も眠い。




・会いたいよ、ショウ
夜の病院で人々が次々に意識を失う事件発生。調査に乗り出す特状課だが免許取立てで嬉しいらしくチェイスが特状課のバンを運転。ついに特状課の備品からアッシー君に…。調査で重加速粒子は検出されないが、共通点があると報告しようとしたりんなさんも意識を失ってしまう。

・メディックのコピー元
意識不明の原因は患者でもないのにブレンとメディックに病院に連れて来られ放置されている女性とシンクロしたかららしい。メディックのモデルらしいが心を閉ざして何も話さず名前も分からない。しかしまたわざわざベルトマンがやってくるが映画の件で体の調子を再確認するためかしら。どうせクズベルトと化した蛮野が人間を使って実験をしてると談じる剛。

・愛?
呟いていた言葉からコピー元は愛する人を探していると解釈する特状課だがチェイスだけは説明されても恋人とか愛とかが分からない。「まるで、分からない…」りんなさんを心配する現さんの図はいいんだけど相変わらず既婚の子煩悩設定が活きてるか分からんな…

・犬
問答無用でブレンに犬の世話をさせつつコピー元を観察するメディック。事情を説明されずブレンが愚痴った途端コアに戻したり全然更生されてない。「ひ、ひどい!何て心のドス黒い卑劣な性悪女なんだ!」自身でも腹黒さに思うところがあるようだがどうしようもない。そんな悩みのメディックに協力しようかと持ちかける蛮野。

・マッハVSメディック(蛮野)
蛮野を追ってきた剛と戦うためメディックの体をのっとる蛮野。抵抗感があるせいかちょっと優位に立つマッハだが即圧倒され変身解除。「死ねぇ!」親が子にかける言葉じゃないww殺されるかと思いきやメディックを救うためハートが乱入し蛮野を除去。どさくさにまぎれて体を戻されたブレンは犬を連れて逃走しメディックも後を追う。この時にハートが蛮野を壊せば色々解決だったんだろうけど固体を増やすためには蛮野が必要という…。チェイスまで来て流石に分が悪いのか蛮野も撤退。

・信念
チェイスは全ての現況である蛮野を倒すべきで今は自分達とロイミュが争ってる場合ではないと共闘を提案するがハートは即拒否。「失望させるな、チェイス。蛮野が何を企もうが俺は俺の信念に従う。何故ならそう決心させてくれた存在がいるからだ」まぁこの頑なさが色々問題を引き起こすわけです。チェイスの場合人間を守るための提案なのですが、やはり同種と戦いたくないのもあるかもしれない。色々な知識や経験を得ているというのもあるのだろうが、柔軟な思考というか発想が出来るというのは人間に近づいてる証。

・白い女神
グローバルフリーズの際一斉決起したもののチェイスに鎮圧され全滅。色々突っ込みたいというか、コアの破壊こそ出来ないけど世界規模?の決起を一人で対処したってプロトドライブ破格すぎませんかね。というのは置いておくとして、決起失敗でボロボロになったハートというかロイミュ達はメディックによって救われ再び立ち上がれたので今度こそ人間を超えるつもりらしい。

・羽鳥美鈴
あんな外道が女神(笑)となる進ノ介ら。ただし最近利敵行為が不快なレベルになりつつある進兄さんは変わり始めているから事情があると判断しちゃった模様。メディックより蛮野だと去った剛と入れ替わりにメディックのコピー元の恋人だという五十嵐一也が現れ、身元とバレリーナをやってたので踊ったりしてたのだと誰も覚えてないだろそれという情報も判明。しかし恋人なのに美鈴は反応せず、ショウという名前も分からない。

・006
蛮野を始末するという006に期待するハート。まさかあんな結末になるとは思わなかったけどwただ始末するならあの場でベルト壊しゃいいんだよな。

・無事
「無事じゃない!私は…噛まれた」犬は無傷だがブレンは噛まれてしまっていた。面白い方に不憫だwただメディックはハート以外の無事を、しかも同種ですらない存在のを喜ぶようなキャラではなかった。

・チェイスって胸キュン?
五十嵐は美鈴に話しかけまくりでやっぱり恋人だからねという話をする進ノ介と霧子だがチェイスはやはり愛というものが分からない。「恋人への愛とは、どういう物なんだ?」免許に分からないことは聞くと記述されているだけはあってストレートに進ノ介に聞くチェイス。人間では当たり前の感情…というほどではないがいざ聞かれると答えに困る。「そうだな…その人のことを考えると、胸がキュンと…苦しくなる感じ…かな?」「胸が…キュン…?」チェイスが口にすると何でも面白くなるから卑怯だ。

・まさか…これが…
美鈴本人だと裏を取ってきた現さんと会話した数秒で美鈴と五十嵐が行方不明に。焦って転んだ霧子をキャッチしたチェイスは胸キュン。一番長く接している人間だから親愛の情くらいだろうけど実際人に近くなってると思われるチェイスの心というのはどういう感じなんだろうか。

・ドライブ、チェイサーVSメディック
メディックに拉致られ本当に恋人なのか乱暴に聞かれる五十嵐。認めてても美鈴は起きないのでイライラしてる彼女と戦うことに。正直実力的にはドラチェイの方が上っぽいんだけど利敵行為がなぁ…

・目撃
「天気まで悪くなってきた!」理不尽にこき使われるブレンは犬の散歩をしてて雨に降られてしまう。チェイスの方と違って普通な不運が面白いwそんな中雑魚を引き連れた006が蛮野を待ち伏せして見事に返り討ちに遭い体を奪われるのを目撃してしまう。キャラクター的に強い感じだったのでかませになるのは割ともったいないと思う。終盤も終盤なのに全然減ってないため蛮野が雑魚6体を即死させるという後始末キャラに。で、006の体を使って変身したのはプロトドライブのリペイント。

・金色のドライブ
金色なのは当然超進化体と同レベルの存在だからのようでただただ悪趣味なだけではない。ドライブのコピーなので高速格闘とドライブやマッハが使用しようとする武器を強奪することが出来る模様。

・デドヒマッハVSゴルドドライブ
「剛…。もう『お父さん』とは呼ばないのか?」駆けつけた剛と戦闘を開始するがデドヒとはいえマッハじゃね…息子として責任を持って倒すという発言が理解出来ない蛮野。「分からないのか?…あんたが裏切ったからだ!俺や姉ちゃんを、家族の愛を!」「家族の愛?そんなものはない。私にとって、家族とは支配すべきものでしかない。愛などというものは存在しない」清々しいくらいのクズw挙句剛は姉よりは少々有益な実験材料扱い→弱いので用済み。ブチギレるもののやはり敵わない上に武器まで奪われボロボロに。

・頼み
ゴルドドライブの強さにビビって隠れているブレンだが犬におしっこをかけられて驚いて見つかって頼みごとをされてしまう。

・真実の愛
メディックはコピー元が恋人と会って真実の愛とかで目を覚ませば自分も影響を受け超進化できると思ったらしいが何も起こらず八つ当たり気味。ブレンガ逃がしてしまったせいで美鈴のところに犬が戻ったのを察知したメディックに襲い掛かるチェイサーを阻止し変身を解いてメディックの狙いを聞いてみることに。まぁ次を見る前にもう犬がショウなのは分かりやすすぎだったね。しかし敵の異変→事情があると思い込んだ利敵行為がホント多いwしかも主人公がそうして敵の幹部がやられないという画期的な構図である。

・第4/4話 泊エイジはいつの時代にたどり着いたのか
現代にやって来たエイジだったがダークドライブに付けられていた。映画見た後だと自演なのかこの後殺されたのか分からんなw

・次回予告 「女神の真実はどこにあるのか」
許してくださーいw


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.