Moonlight Butterfly 兼 僕ミシュラン
ニヤニヤしてても、トクはねぇ!
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
仮面ライダードライブ 第46話 「彼らはなぜ戦わなければならなかったのか」
ブログに繋がらないからアップロードできているかも分からない。引越しか引退か…




・初めての共同作業
バリアのための送電妨害プログラムをりんなさんと現さんが究ちゃんから受け取り、バリア解除に成功。現さん気があるのかなってにやけてるけど子煩悩設定はどうなt(略)

・無駄死に
散々敵愾心を向けていたくせに勝手に死なれてショックを受ける剛。もう少しだけトゲがなかったらなぁ。敵対こそしなくなったけど最後の方までギスギスし過ぎてて…。当然自爆程度ではあんまりダメージを受けず復活する蛮野。「理解したろう?剛。プロトゼロは無駄死にした。愚か者のすることは全て…!無意味なのだ」「だったら、てめえの存在も無意味だな。人間じゃねえ奴が…!こんなに優しいのによ!腐りきったお前の心こそ一番愚かだ!!」

・マッハVSゴルドドライブ
怒ってもマッハのスペックはたかがしれてる。そしてそもそもチェイスが死んだのは剛のせいと指摘されてしまう。いくら蛮野がクズでもこの事実は変わらんのでまぁキレるよねw見事にフルボッコにされダウンしながらチェイスのことを友達だと思ってたということに気付く。相手がいなくなるまでデレなかったらあんまりいい結末にならないといういい例である。だから僕はツンデレがあまり好きではないのだ。(関係ありません)当然友人死亡補正がかかっているので倒れても起き上がる。今までの蛮野ならトドメを刺そうとするはずだけど舐めくさってるせいか放置して去ろうとしてるんですよね。「剛?バカな。もはや力の欠片すら残されていないはず」「寝ぼけたこと言うな。俺の全身から溢れ出す、怒りの炎が見えないのか?てめえはいくつも許せないことをした!俺の心を利用し、姉ちゃんを侮辱し、クリムの発明を悪用し続けた!だがな…今一番許せねえのは、俺の……俺のダチの命を奪ったことだ!!行くぜ、チェイス…!一緒に戦ってくれ!」

・仮面ライダーチェイサーマッハ
映画で進ノ介もシグナルバイクを使おうとしたけど使えなかったのは変身していてシグナルコウカン、タイヤコウカンではなかったからか?それとも今回シグナルチェイサーが所持者を失った上にぶっ壊れ気味で誤認したからか。まあただの燃えポイントなので無粋な設定考察などしない方がいいんですけどね。しかしまだチェイサーをきちんとバラしたり改造できないからか付け替え程度の着替えであんまり格好はよくない。とは言ってもスペックがトライドロン涙目なくらい高いwネクストシステムが気の持ちようで強くなるという設定がようやく活かされた…のだろうか?公式設定によると剛のマッハドライバーも実は機能拡張されていて戦闘データから新しい仮面ライダーを作ることが出来るようになっているらしい。「こんな形状のマッハはあり得ない!」と蛮野も驚いているのはピットやらなんやらで得た情報とスペックしか知らなかったからだろう。

・チェイサーマッハVSゴルドドライブ
「ズーットチェイサー!」チェイサーがパワーでマッハがスピードなのでまぁバランスよく強くなってると思われる。武器パクリと拘束能力で乗り切ろうとするものの今までどこ行ってたお前らと言いたくなるチェイサーバイラルコアの援護と吸収により脱して武器も取り返す。「返せ!それは『俺達』の武器だ!」吸収もいいけど普通にユミーヤとか使ってもよかったんだよなぁ。「許さん、許さんぞ!」「俺もだ!」ということでチェイサーの幻影とともにキックしてゴルドドライブ撃破。ベルトがバチバチ言って変身解除されたるはやっぱり想定外の使用だからかな?

・大馬鹿野郎
グロフリと同じ天候だと思いつつ霧子は蛮野を倒した剛と合流するがチェイスが死んだことを知りショック。二人して号泣。

・許せ、友達よ…
バリアを突破した進ノ介らは雑魚死神を撃破。タイヤを作っていないからってここまで工事現場推しになるとは誰が思うだろうか…。というのはさておいて。ハートらの手前コア破壊をしなかったっぽいドライブさんだがメディックや雑魚は蛮野に手を加えられているせいかコアを修復できない。ということで残るロイミュはハートとメディックの二人のみに。

・追悼
全てが終わったら決着をと言われそうまでして戦う必要がと言おうとしたらチェイスが死んだと霧子から連絡。「チェイスは…剛を守って力尽きたそうです。彼は最後まで、私達の守り神でした…。泊さん…頑張ってください…!チェイスの為にも…!」衝撃を受ける一同。「あいつは尊敬できる戦士だった。敵としても…味方としても」

・グローバルフリーズの力
色々やってるとグロフリが開始されシフトカーやピコピコ程度では動けなくなってしまう。変身してもメディックは動けずドライブとハートの二人で先に進むことに。

・いっていい…ってさ
ダメージを受け消えそうでもデータの再構築をやろうとする蛮野だが目の前にはシンゴウアックスを持った剛が。「ま、待て!待つのだ剛!偉大な私の頭脳をこの世から消してはならない!」クズベルトとしては父親を殺すのかと情に訴えるかと思ったんだけど、そもそも家族の情自体を理解してないので使うことすら思いつかなかったんじゃないだろうか。しかしここに来てただのネタ音声がぐっとくるセリフに繋がるとは思わなかったなぁ。「イッテイーヨ!」「いっていい…ってさ」ということで絶対ベルト殺す斧で蛮野は完全破壊。「さよなら、父さん。俺の未練…」ということでやることやって限界に達した剛はシフトデドヒを霧子に託し停止。そういえばデドヒでも動くだけは出来るんだった。でも超重加速起こせる魔進の装甲から作ったシグナルチェイサーでもいいんじゃないかと思ったけどやっぱダメージが大きすぎるのかな。

・プログラム・シグマ
蛮野が引き継いで…とか言ってたし自己進化したりとかするよねということでドライブとハートの前には建物からエネルギー吸って進化したシグマサーキュラーが。「実の子供もロイミュードも失敗作と切り捨てた蛮野が最後に生んだ跡継ぎがこの化け物か!」(by 化け物)

・すんごい桁の数字キター!!
ということで全人類の静止とナンバリングでのデータ化が開始されてしまう。超重加速に対応出来ない人間が次々にナンバーが記されていく。つまりはナンバー化に抵抗できた進ノ介とハート以外がやばいということである。究ちゃんのナンバーは072から始まっててそこに小ネタ入れるのかよとなるwww

・ドライブ、ハートVSシグマサーキュラー
超移動と超ビームのせいで手も足も出ない。超進化した4機分のコアドライビアの力には太刀打ち出来ないが進ノ介はそう思っていなかった。「どうかな…?ハート!俺とお前で普段の倍の力を出して同時にぶつければ…!」「確かに、それで4倍だ。計算が合うな」というか能力的に力を強く出来るハート様はともかくドライブにそんな力あるのかという問題が。まあフルスロのことなんだろうけど。一か八かで同時攻撃のはずが普通にズラされた上に人間の方が倒しやすいと判断されたのか集中攻撃を受け変身解除でダウン。

・女神再び
なんとかシグマの元にやって来たメディックだったが戦況は絶望的。「お願い、動いて!動いて!私の体なんか…!どうなってもいいから!動いて!!」そう祈るとメディックの体が消えて白い女神が進ノ介の元へ。たぶん初期化されてたとしても純粋に誰かを助けたいと思わないとこの姿にはなれいんじゃないかな。結局は進ノ介と決着を付けたいという願いがあると分かったからハートじゃなくて進ノ介を回復させたんだと思うし。「今なら分かる…ブレンの気持ち。ハート様と…あなたの勝利を信じます。ごきげんよう…」チェイスはコアぶっ壊れたのにブレンとメディックのコアは粒子っぽくなった。どういう違いやねん…

・復活
設定上短時間で変身したり変身解除したりが続くので違和感があるんだけど復活自体は燃えるよね。「見せてやる!俺達のオーバードライブを!!」まぁ最終対決あるし前半の前半で倒すかな。

・次回予告 「友よ、君はだれに未来を託すのか」
ターミネーター2オチ?


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.