Moonlight Butterfly 兼 僕ミシュラン
ニヤニヤしてても、トクはねぇ!怠けるぜ無職!!ニィィィィト!!!!!
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
仮面ライダーゴースト 第44話 「起動!デミアの恐怖!」
つっら。




・あと4日
映画も終わり盛り上がりにも欠けるがどう〆るのやら

・デミアを使えば消える
仙人から眼魔側の目的が人間の世界と眼魔の世界を同じにしようとしていると今更知らされる一同。本当に今更だしもともと眼魔側のアランもいるので99日の嘘云々はともかくすぐ真実をタケル側に話せばこじれたり悪化したりしなかったのでは。と言っても根本は眼魔世界における大帝一家の家庭の問題だけどwデミアを使った人々が魂を資源にされるまで2時間弱。

・ヒロキ消失
デミア阻止の前にヒロキが気になったので家に行ってみると声は聞こえるが姿が見えないという「訳が分からないよ」な状態。ただし消滅のプロであるタケル殿は姿が見えないだけで存在してて暑いので風呂場という名推理で発見。運んできてた御成の肉体も見えなくなってしまう。キャラ的にいないと面白くないのでアランに入っててよかったのかこれw

・僕は世界の一部。世界は僕そのもの
元気でさえいてくれるだけでいいという母ミツコとヒロキの過去を見て必ず助けると意気込むタケルは結局抜かれた魂を捕まえようとして自分も魂化してデミアで繋がりつつある人達の集まる場所へ。母子の話なので思い出は母子のものって分かるんだけど父親もいるんじゃないのか?wタケルも不気味なほどに母親の件は謎の声一回の示唆だけで完全スルーだし伏線としては唐突な上に弱すぎる。高校中退で幼馴染や寺の関係者以外で友達が全く出てこないのも日常生活を本当にまともに送っていたのか怪しくなる。

・音楽
集められた魂達は全員世界の一部とか言ってタケルの話を聞こうとせず眼魂のレンズ部分のようになり巨大モノリス(いつ作った?)と一体化し眼魔世界の赤い大気が発生し始める。音楽で洗脳されてる部分もあると思ったタケル殿はベートーベン使用。「音楽とは人の心を縛るものではない。人の心を自由にするもの」対話後は出番ないと思ってごめんなさい。ベートーベンの奏でる音楽によって大切な人のことを思い出した人々の魂を肉体に戻すことに成功。「お母さん、か…」

・サーバー発見
ベータ版の使用者達は助けれたが製品版がリリースされたら数が多すぎての助けることは不可能とはアカリ談。ということで元を断つためどうやって発見したのか分からないがデミアのサーバーで合流することに。カノンが肩揉んでるから何かはやったんだろうけど仙人が科学者として何かやってるシーン本編映画含め一度もみたことないな…。

・真実(笑)
サーバーの場所に来たタケルら。当然のように待ち構えているイゴールはデミアを悪用してるのではなく自分が作ったものでビルズは手下だと暴露。信じさせたくせに最初から最後まで罠として活かすこともせず、成功すると思ったから暴露してるんだろうけどホント眼魔側の存在は無能しかいないな…。明らかに制作の構成の問題だと思うけど。

・阻止阻止
最近トリオを組むことが多い気がするマコトとシブヤ、ナリタはデミアのリリースイベント会場へ。ビルズにデミアリリースを中止するよう言うがスルー。挙句眼魔をけしかけられてしまう。シブヤとナリタはマコトにビルズ止めるよう大役を任せられるが、悲しいかなキャラが立ってないので活躍らしい活躍を描けずリリース会場で見てるだけという。メイン回が唯一ないせいか心なしか警備員にすぐ止められたシブヤはともかくナリタはやる気もうないよねこれ。

・御成変身!
アデルとグレートアイはもう繋がったという事実をあっさり流してとりあえずデミアを止めるために御成がついに変身。魂が違ってもドライバーのシステムと違うせいかネクロムパーカーさんが迷ったものの変身成功。ネタとしてはパーカーに拒否されればいいと思ったけど中途半端だな…。ついにタケル殿がツッコミを放棄しちゃった部分はワロタwしかし変身の掛け声がカマ臭ぇww

・こ、これがヒーローというものか
せっかく変身したものの相手はアラン本人が修行しても未だに活かすことが出来ていない、もしくは修行しようがネクロムでは拮抗すら厳しいガンマイザーである。やる気だけでどうにか出来る相手じゃねーよwただギャグキャラに落ちてきているイゴールのスペリオルにはネクロムのスペックが勝っているのでわずかに持ちこたえた(戦えてはいない)のが興味深い。結局眼魂を壊され肉体に戻って活躍(?)終了だけど。

・ゴースト、ネクロムVSスペリオルパーフェクト、ガンマイザー×2
ゴーストは味方庇いでのダメージがないならネクロムもいるし完勝出来るレベルなので特に注目すべきところではない。むしろようやくイレギュラーのないネクロムのガンマイザー戦である。1対1ならなんとかやれてるような気がするぞこれ。すごいなガンガンキャッチャー。しかしスペリオル(ギャグ化したイゴール)程度の攻撃だとムゲンは何も感じてないんだなこれw

・焦り
タケルとアランによってサーバーのある建物に送られたアカリと御成はサーバーにアクセスしてデミアを止めにかかる。御成が馬鹿やった理由は自分が役立たずで他の人はみんなタケルの役になってるからと吐露するが、アカリからするとチームだしタケルは御成も必要としてると説く。ここにきて役立たずだから焦って暴走したというテンプレなムードメーカーの話をまだやるのか。いつものお悩み相談ならゲストキャラを変えて悩みも変えればまだバリエーションはあるが、同じことでレギュラーが悩むのを繰り返すのは褒められない。タケルも何度も死んでるのも同じく、つまり面白くないワンパターンである。御成人気は十分あるんだから極端なギャグやコントは最終回とか後日談とか御成外伝まで取っておいてもいいと思うんだがなぁ。

・失敗失敗
見てるだけで警備員排除する気もないシブヤナリタとドッペルさんでなければ割と順当に勝てるマコト兄ちゃんも遅れてやって来てくるが、時既に遅し。ただアカリがサーバーを停止させたのでカウントダウンがバグる。安心した一同だったがイゴール様によるとここにあったのはベータ版のサーバーでメインサーバーは別に。物語の都合上言わないといけないんだろうけど口軽いなぁ。

・便利なタケル殿
少しの間はあったものの結局リリースを喜ぶ来場者だが当然使用者なので次々に魂が抜かれていってしまう。戦闘以外で役に立たないなぁマコト兄ちゃんw盛大なやらかしに落ち込むアカリだがメインサーバーを見つければいいんだよとか言い出したタケル殿が光になって魂らが向かう先へ高速移動。光速移動っていうべきか?「もう全部アイツ一人でいいんじゃないかな」

・今度こそ
ディープコネクトが管理してる廃教会にメインサーバー…というかモノリスが。アラン様も作ってた気がするし今回ヒロキの魂を追ったタケルも遭遇してもいるけどいまいちこれが何なのか分からないなぁ。力の根源を受け取る器っていう感じかね。モノリスの守護なのかガンマイザーが。苦労して倒してモノリス砕けて退場したと思ったのに復活した時点で倒しても再度復活するみたいな形になりそうで面倒臭い。

・幻の左
連戦のせいかガンマイザーに押されてくるゴーストに変身して追い打ちをかけようとしたイゴールの行動を草履を投げて止める御成と、一度は防御されるが左で4度目のビンタをかますアカリ。マンキンのアンナかよw「これで5度め…!いや、一度はアリア様だったから4度目…」スペックだけ見れば変身出来ないレギュラー全員相手にしても勝てそうなイゴール様ですが、アカリにはトラウマが発生しており追いかけ回されるレベル。

・ゴースト、ディープスペクター、ネクロムVSガンマイザー×2
遅れてきたマコトとアランも参戦。やっぱりちゃんとネクロムもガンマイザーと戦えてるなこれ。しかもモノリス破壊までいってるか分からないけどゴーストがモノリスを破壊して残りの2人がガンマイザーを倒してるのでやっぱり修行の成果はあったのか…(復活怪人は弱い可能性も)

・世界が地獄になる
イゴールを懲らしめようとするが壊されたモノリスの代わりにアデルが集まっていた魂らと接続。「繋がった…。私が世界になる」進兄さんかよw仙人によると世界が地獄(眼魔世界)になってしまうということだが大概はこの仙人の自業自得なのである。

・鍵は天空寺タケル
仙人の焦りをよそに仮面ライダーの魂の時に出てたフレイとフレイヤの双子?が突然登場。現れた際のゲートの紋章?が根源と接続したアデルと同じっぽかったけどこの二人も根源の使者的な何かなのか?

・次回予告 「戦慄!消えゆく世界!」
アデルと一つになった(意味深)



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.