Moonlight Butterfly 兼 僕ミシュラン
いいナマケだ。ニートレベル3.2ってところだな、まだまだ働けなそうだ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
仮面ライダーゴースト 第47話 「呼応!それぞれの覚悟!」
夜寝て昼起きてたせいで早めに書けたわけだが、やる気のなさは一緒なんだけど書くスピードは昼の方が早かった…ような気がする。
単純に書くべきことが全然ない話だったのか集中力を奪うことが他になかったからなのかどっちか分からない。




・あと3日
あと何話だ?もうグダグダ…

・対話不可
15のガンマイザーとアデルから攻撃を受けダメージを負う3人。それから再びガンマイザーと一体化するんだがわざわざ分離してた意味あるのか?味方はもうゴースト以外使い物にならないからフルボッコ感を減らすために一体化させたんだろうけど…。アデルには言葉が全く通じなくてボコられる3人。アデルの攻撃をジャンプして避けるゴーストさんだが、実力不足のスペクターとネクロムがモロに食らってて笑うしかない。タケル殿は普段からよく庇うけどそれどころじゃないのかw

・家族と繋がりたい(意味深)
タケルとアデルは再びニュータイプ的感応状態に。アデルの家族との思い出を見て自分も楽しい過去があるよと共感しようとするが、タケルの父を殺したのがアデルだと判明。タケル側から繋がりを解除するという事態に。

・絶対許さないよ!
ワームホールをあっさり作ったりアップグレードされたウルティマを生身で倒したり英雄を召還したり名実ともに作中最強である龍を今より遥かに弱かったであろうポンコツのアデルが倒せるわけがない。眼魔だからタケルには見えなかったって描写だろうけど過去のシーンに合成されてるだけなので、龍が優しさで油断したかただの事故(偶然アデルが殺した?)の可能性もある?弱いから死んだと父を侮辱されたタケル殿は大激怒し襲い掛かるが冷静さを欠いていては勝てるものも勝てない。死に過ぎて達観し仏になりかけていたはずなのに命を軽視することと父殺しはタケル殿でもNGらしい。

・倒すか救うか
龍のことで意見が分かれる一同。一拍置いて御成が激怒しているのはやっぱり恩人である龍を相当慕っていたからと思われる。一番複雑なのはやっぱりタケルとアラン。先ほどはブチギレたものの本来は優しいタケルなのでアランを気遣うが明らかに強がりなのが分かってしまう。勿論当人に気にするなと言われても当事者なのでアラン様も相当テンパる。

・英雄逃亡
アデルへの怒りを抑えるべく瞑想してみるが効果なし。英雄達が声をかけにやってくるが父の死の真相知ってたんでしょと聞かれると逃げるという無様っぷり。タケルと共に進むじゃねーよ!役に立たない英雄どもだなホントww

・一人ぼっち
大嫌いなタケルのトラウマを偶然エグることに成功して大はしゃぎのアデル。えらく嬉しそうなのでアデルの目的が世界と一つになることよりタケル殿への嫌がらせにシフトしそうw父が死んでも心は一緒にいる(主に闘魂で)タケルと本当は好きだったのに自分で父を殺したアデルの違いを指摘したアリアにアデルはキレてついに同化。眼魔世界では完全に一人になってしまう。やってることがドラえもんのどくさいスイッチの話なんだよなー。落ち着いてみると本当に一人になったことに気付きショックを受けるが、ガンマイザーにそれを指摘され逆ギレ。ガンマイザーの声が女性に戻ってるのは見限られかけているせい?

・俺はお前だ
龍さんの墓の前でカノン助けてもらったし今度は自分がタケルを助けると手を合わせるマコト…の考えをディープ眼魂同士が繋がってるので理解してるドッペルさん。言い合いしてるところをアランに目撃され、心配かけたくないから言わないでとお願いするマコト。妹のためにタケルを見捨てたのに妹を助けてもらって色々救われたから、と視聴者はみんな知ってることを熱弁してるだけなので特に書くことはない。「タケルのために…この命を賭ける」ただカノンが死んだのが3年前という情報は新しく出て来たけど…別に重要じゃないか。というのを見てるドッペルさん。去って行ったと思ったら眺めているって今回多いなwというか自分に出来ることをやるっていうのが今回も言ってた。リピート多すぎてうんざりすらしなくなってくる。格好いい言葉やスタンスってしょっちゅう言うと冷めません?

・いつでも本気(ギャグは)
おそらく独自のルートで眼魔世界の自分の研究所に忍び込んだ長官。まず移動方法あるなら教えろよ!wモノリスはグレートアイが異世界を移動するための装置で、両方から繋げればゲートは開くらしい。何にしろ眼魔世界側からモノリスにアプローチすべく隠していたドライバーとダークゴースト眼魂を持ち出す。まだ御成にプレゼントした方が役に立ちそうである。

・タケルのために何が出来る
厄介なシスコンの内輪揉め(同一人物揉め)のことを内緒にしろと言われたりとか家族が仲間の父親殺したとかアラン様も大概ストレスを貯め込んでいるが相談できる相手がいない。唯一眼魔世界もタケル側もほぼ無関係で未発達だった心を導いてくれたフミバアはもういないのである。ついフミバアのたこ焼きを受け継いだ孫のハルミのところに足が向いてしまうが、たこ焼きを食べるでもなく自分なりに考え一人で責任を負うことを決意。「家族の不始末は家族で。兄上は私が倒す…!」

・己と向き合う
父の仇は討ちたいが一度決めたんだしアランのためにもアデルを救う…というタケルの心情を見抜いているアカリ。心を読む力がなくても付き合いが長いのでタケルのことはお見通し。一方乗り込んできた御成も仇討ちするかどうか尋ねアカリに怒られるが、どの道タケルを信じているから行き過ぎたら止めると決めているらしい。初期からのメンバーはキャラとスタンスが固まってていいなぁ。(某二名もここに入れて欲しいけど)というのを見てるマコト…というかドッペルさん。

・仙人変身
「なあなあ、最初からみんなに迷惑かけてるダメキャラなんだから。無理しない方がいいんじゃないか?」「黙れ!わしだってやる時はやるんじゃい!」公式で諸悪の根源(一応悪気はないが行動が全て裏目で開き直る下種)って思われてるんだなぁ。映画のためにスーツ作ったのでラスボス含め再利用しなきゃ勿体ないってことでおっちゃんが変身し、ユルセンに同時に開かせろと伝えさせて眼魔世界からゲートを開く。出オチの量産型マッハと大違いである。しかし味方としての変身なので名前はダークゴーストだけどダークライダーって音声は流さないのな。

・ドッペルさん右往左往
よっぽど本物と変わらないレベルになったのかドッペルさんを不審にすら思わないカノンとアラン。一人で戦うと決めているので精神的な余裕がないからアランは気付けなくてもおかしくないんだがカノンが気付かないっていうのは相当なレベル。「タケル、人のことはいい。お前はお前のやるべきことをやれ。他は俺達仲間に任せろ」と自分が喋ったことに驚くドッペルさんですが、本人に成り代わるとは常々言ってたけどその先の目的がない。全く同じものとして入れ替わるオチか本物(とカノン)を庇って消えるオチだとは思うがどうもドッペルさんネタを引っ張り過ぎというか、ラストまで2号を絡ませるためにやってるという印象しかない。

・マコトVSドッペルさん
カノンによるとどっちもマコト本人。2日で死ぬ+父の仇が判明してテンパっているのにクソコテな幼馴染の兄ちゃんの同士の揉め事に巻き込まれて面倒臭そうなタケル殿ワロタ。その隙をついてカノンが戦いを止めようとして死にそうになるが、どう考えてもドッペルさんが助けてついに本物が偽者扱いである。偽者を倒すことに必死になりすぎて大切なカノンを傷つけてしまうという本末転倒な結果。これも最終的に本物と偽物が入れ替わってしまうドラえもんの影を切り取る話である。かげがりだったかな。1話でどうしてドラえもんの2つの話が取り込まれてるんだw

・アラン先行
ユルセンからの伝言でモノリスを作動させ同時にゲートを開くことでようやくゲート開通。そして案の定アランが一人で眼魔世界へ。

・友達で仲間
マコトとカノンを心配するタケルだが自分のことを心配しろとマコトにキレられてしまう。ドッペルさんなんだが初期のクソコテレベルのキレやすさである。というのを見てるマコト兄ちゃんは偽者扱いされても陰からタケルのために戦うと決意する日陰者に。そんな一同(+日陰者)はアカリからアランが先行してしまったと聞かされるのでした。

・次回予告 「集結!悲しみの連鎖!」
お兄ちゃーん!カナシミブライクかな?


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.