Moonlight Butterfly 兼 僕ミシュラン
いいナマケだ。ニートレベル3.2ってところだな、まだまだ働けなそうだ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
仮面ライダーゴースト 第48話 「集結!悲しみの連鎖!」
クソ具合悪いのに僕もよく書けるもんだな。




・あと2日
はよ終われ…

・仲間外れ
タケルのためにみんなで眼魔世界へ行くことに。(ただしシブヤとナリタ除く)ゲートを守る必要があるっていうのは分からんでもないけど力のない一般人二人に守らせるっていうのがまず破綻してるんだよなぁ。一番戦闘能力が低いカノンは行くから余計に流れがおかしい。

・ワシじゃよ…(by 阿笠博士)
衛兵とかいないのかあっさり城?に侵入しダークゴーストとなった仙人と合流してアランが先行したことを聞く。しかしおっちゃんはどうして変身解除しないんだろうwガワで声をあてた方がギャラが少ないのだろうか。

・混戦
完全に操られてるイゴールに見つかったのでマコトら全員が戦ってタケルだけアデルの元へ。アカリは不知火で倒せるからある程度の戦闘能力が備わってるの分かってるけど、ギャグシーンでもないのに御成がある程度戦えてる…どころか防御を担ってカノンが攻撃という役割分担に…。

・愛
操られてるイゴールに問答無用で連続ビンタ。当然流れとしては操り解除という結果に。「いわば、愛ですな」ギャグに行くと思ったらアカリを庇って死亡…なんだけどイゴールは最後まで眼魂のままだったのでおそらく最後で復活すると思われる。「愛…なんと不条理な」味方化はないにしろ工事現場オチはあるだろうから、一応自己犠牲を見せたしこれで死亡退場オチはないかな。よかったな眼魂で。

・ダブルマコト
さらっと混戦でカノンが危なくなったので本物のマコト兄ちゃんも参戦し協力して戦うことに。分身能力コピー能力はあくまで技だけどこれは(理屈はともかく)個別の意識を持った本人なのである意味画期的である。

・一人では逝かせません
アデルの元に辿り着いたアランはアリアのコスプレをしているアデルに衝撃を受けてしまう。コピペだけならいいけど節約のためなのか兄上に着せられてるよなこれwというのはともかくとして兄を止めるために変身するが敵うわけがない。ということで散々勿体ぶってた…っていうかむしろみんな忘れてたネクロムの自爆能力を発動。おそらくこれは体が眼魂だったからノーリスクで出来るんだろうけど、既に肉体を手に入れているので文字通り決死の覚悟である。結局家族を殺せるほどアランは非情ではないので中止してマジ蹴りを食らう羽目に。

・家族の思いを繋げたい
アランの決死の覚悟を馬鹿にしたアデルに積もりに積もった怒りが爆発しガチギレで挑みボコるタケル殿。キレる若者の怖さを身をもって教えてくれるアデル様でした。しかしアランの声ですぐ正気に戻るのはちょっと面白くないかなー。そのせいで(ネタとして)今回のタケル殿は情緒不安定なアレな人になってしまってる。(後述)「やっと分かった。俺は、アランとアデルの心を繋ぎたい。家族の思いを繋げたい」仏モードに戻ったタケルだったが、当然人の話を聞かない敵を前に感動シーンをやったら攻撃されるわな、と。

・俺はお前だ
タケルを庇ったマコトが瀕死に。さらっと流してるけど瀕死が本物でノコノコ後からやって来たのがドッペルさん。予想通りというかマコトと同じになったってことは悪いもんじゃないので自分を犠牲に本物を助けるオチ。ドッペルさんと融合することであっさり復活するマコト兄ちゃん。最後まで絡ませるためにドッペルネタやっただけで不必要な展開だよなあぶっちゃけ。ただ、ドッペルさんか本物が落としたディープ眼魂がガンマイザーのバックアップになってるのは戦犯に等しい。仙人と同じく自体を悪化させてばっかだな今年の2人目はw

・主人公歩き
お前のやるべきことを(略)で送り出されたタケルはアデルに家族が好きなんだろォン?としつこい言葉攻め。仲間が雑魚を止めてボスに向かって被害を受けずにゆっくり歩いていくのは主人公の特権よね。今回は英雄達が対になってるガンマイザー達を食い止めているっていう感じだけど。

・残された子供達の未来のために
再び繋がってアデルというかアドニス一家の過去を見るタケル。そこ、日本語話してる原始人とか言わない。眼魔世界にやって来て妻と長男を失っておかしくなった父に放置されたと思い込んだアデル。母と父を同時に失って捻くれたというものの、アドニスの行動は当然家族や同胞を失いたくない愛からの行動。それを見ても裏切られたとまだ感じていたが、接続が切れて自由になったアリアにより父はやはり家族を愛していたのだと実感し戦意を失ってしまう。「私は…愛されていた。父上は、私や家族のために…」やっぱり家族に構って欲しかっただけの子供というありがちな犯行動機である。

・悲しいね
チートな龍をアデル程度が殺せたのもタケル殿が少々触れたがタケルを守りながら戦ったせいで不利になったからだと思われる。自分は父に守ってもらっていなかったのに、という。色々な意味で一番の諸悪はアドニスと仙人だなこれw善意からの行動がスゴイ悪い結果になるというのを見て悲しさを覚えるタケル。

・家族
色々やらかしたことにようやく気付くアデルに優しく声をかけるタケルとアランとアリア。謝罪とともにガンマイザーを解放するが、自我を消されたフリをしてただけのようなガンマイザーが今度はアデルを乗っ取ってグレートアイを手に入れようとする。結局力を得た悪人が改心して力を捨てるとそりゃ死亡フラグ立つよなという話だ。私が抑えている間に撃てー!もテンプレである。「アデル!お前を救う…!」

・ゴーストVSパーフェクト・ガンマイザー
「アデル!お前のやったことは許せない。でも、お前の今の思いはアランやアリアさんが受け継いでくれる!だから…俺がお前の悲しみを断ち切る!」結果的に倒すのはしょうがないとして、でも救う(勿論魂はという意味だろうが)と言った直後にこの発言は噴かざるを得ない。完全にタケル殿の心理状態がしっちゃかめっちゃかで危ない人w許せないし魂救うから肉体は殺すわ(意訳)だしなぁ。「アデル、お前の魂も不滅だ!」この発言も記憶に残るし思いが繋がるから死んでもいいだろっていう風に解釈出来ちゃうのが…。カナシミブレイクは大剣モード。

・救い
解放してくれたタケルに礼を言い、家族に最後の言葉を残して消滅する兄上。「アラン。いつか新しい家族を作れ。お前は間違えるなよ」カノンちゃんと家族作るフラグですかね。助けれなかったという事実はあるし複雑なんだろうけど自分は生き返る気満々っていうのが絶妙に笑えないw

・未解決
ガンマイザーいないし生き返るべくグレートアイのところに行こうとしたタケルだったがyoutubeの見てない人にはさっぱりわからないフレイヤがガンマイザーに取り込まれ、グレートアイと融合。そして映画のボスであるエクストリーマーさんが登場。危機を伝えに来て自分が危機を起こす依り代になるとか救えねえw

・次回予告 「無限!人の力!」
実質最終回。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.