Moonlight Butterfly 兼 僕ミシュラン
ニヤニヤしてても、トクはねぇ!
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
仮面ライダーエグゼイド 第12話 「狙われた白銀のXmas!」
web拍手等レス
>キラプリのキャストまさかの子役上がりとヅカで笑えない
エクスデバイザーの人はよかったなぁ
>明日のガンダムは特番と言う体裁の総集編ですぞ
ホンマや…がっかり…

ショック過ぎて感想書かないと思いきや何かをしていないと首を吊りかねない精神状態に陥ったと思われる。




・和解
謝るでもなく貴利矢の過去をようやく聞いてそのせいで真実どうこう言ってると理解した永夢。ようやく和解…ということなんだけど結果がああなので短い春だった。謎は自分が患者は永夢がというのが命運を分けました。

・黒い社長が幻夢のエグゼイド
テンパる一同。(主に院長とポッピー)幻夢の社員は特に関わっておらず黎斗の独断らしく、とりあえず会社関連は衛生省が動く模様。まぁ永夢の映画での件は知らないわけがないと思うし一応まだ完全にシロってわけでも…うーん…

・当てつけ
永夢は周平がケーキを嫌いと言ったというのを母に伝える。両親がケーキ屋をやっていてクリスマスの忙しい時期に限って困らせてており木登りして落下して骨折したと聞いた永夢は現場へ言って色々理由を悟るのだった。

・檀正宗
幻夢コーポレーションの元社長で現在服役してる檀正宗、黎斗の父親のところへ永夢のこととかどうして服役しているのかとかをわざわざ訪ねに行く貴利矢。嘘付きを除けば基本利口ではあるので謎に迫るのは視聴者的にはいいことだけどまだ物語的に半分でもないので地雷を踏みに行っただけだった。

・夜は一人
周平が捻くれた理由を悟った永夢は自分も小さい頃は一人でいることが多く、新しいゲームを考えてたと語り掛ける。さらっと流したけど、その一人遊びの際の落書きは某ヒゲ兄弟ガシャットのキャラ。マイティアクションは作中での長いシリーズなのかもしれないが、永夢が子供の時からあったのか?木登りして色々バレて心を開くかと思いきやバグスターが動き出して病状悪化。案の定というか大事な母親がソルティに襲われていたのだった。しかし現場におんぶして連れてくるというのもどうなんだよw

・仮面ライダーエグゼイド スポーツアクションゲーマー レベル3
「マイティジャンプ!マイティキック!マイティマイティアクションX!アガッチャ!シャカリキ!シャカリキ!バッドバッド!シャカッとリキッとシャカリキスポーツ!」本来シャカリキは作中設定でエグゼイド用っぽいので、配色とか確かに合うように作られている。ただ、もともとアーマーパーツはゲンム用のためか、頭部アーマーの隙間にどうしても違和感がある。設定上ゲーマ召還ガチャは誰でも使えるので、一回やってそれを知らしめたからもう使わないだろう。(予想)ちなみに基本スペックはゲンムのとほぼ同じである。プロトは普通のより危険だが強い設定があるので上乗せ分はあるかもしれない。

・エグゼイド、ブレイブVSソルティバグスターレベル3
クリスマスなので参戦してきたブレイブさん含め全員で期間限定のレアエナジーアイテムでクリスマス仕様になってイベント戦で撃破。まぁ既にレベル5になっててあっさり倒せるのでイベント戦にしなくてもよかったいりするのだが。

・クリスマスを嫌いにならないで
周平が捻くれたのは両親が忙しいだけでなく喜ばせようと思って作ったクリスマス用のリースを怪我して放置せざるを得ず渡せなくなっていたから。どんな理由だと思ったけどイマイチあってるか分からん。まぁ親もケーキを息子のために作ってるのでお互いに色々思い合ってたということで親子は和解。

・ポッピーはドレミファビートのバグスター
既に出番終了で用済み親子をハイテンションでドン引きさせているポッピー。作中のゲームキャラが現実に出現した存在っていうのは情報を得ようとする視聴者からすると最初の方から分かっていたのだけど、さらっとバグスターであると本人からぶっちゃけられてビビる。いやゲームキャラが外にってなんだよとは思わないでもないけど、言われてみれば作中で現実化してるのはバグスターなんだからおかしくなくはない。ただ、一切気付いたような描写もないのに永夢はそもそも予想してたり、飛彩も名前が明らかに偽名なのでただの人ではないと思ってはいたらしい。そういう大事なことに時間を割けばいいのに…

・仮面ライダークロニクル
究極のゲーム。黎斗が作ろうとしてるのは仮面ライダーのゲームらしい。バトライドはアホみたいな難易度のミッションを無くしてもうちょっと弄ったらもっといいゲームになると思うんだけどな。

・クリスマスパーティ中に会議
理想の医者云々をあっさり放置してCRでクリスマスパーティ。ソルティレベル3が分離手術する前に出現したのはウイルスが変異したからと推測する飛彩。インフルエンザが毎年流行するのはワクチンに対抗するために変異するという説明は実に分かりやすい。しかしレベル1の意味をどうにかこうにか制作側がなくそうとしてるとしか思えないw

・大事なことは電話で言いましょう
色々な秘密を知った貴利矢は馬鹿3人に連絡。会って話そうとするが、その前に黎斗が出現。

・西馬ニコ
特に絡んだわけでもない貴利矢の大事な話を聞きに行こうとするのは大我のキャラ的に大丈夫なのだろうかwただまぁ大我ルートは永夢を倒して欲しいという西馬ニコとかいう少女が出現。Mにボロカスに敗北したゲーマー女キャラってところかな。飛彩は理由がそこまでなくなっちゃったから今度こそ極端な敵対はしないんだろうけど大我はまだまだ味方化は遠そうか。

・取引
黎斗と永夢は16年前に接点があったらしい。主に永夢についての秘密を色々聞き出してきた貴利矢に公言しない代わりに新しいガシャットをプレゼントするという取引を持ち掛ける黎斗。乗ったと言いつつやっぱり嘘でライダー全員の前で暴露してやると意気込んだ貴利矢はパクったデンジャラスゾンビを使用してあっさりライダーゲージを減らしてしまう。

・デンジャラスゾンビ
ゾンビゲームなので普通の使用方法だとダメージ受けるよっていうのは初見殺しだよなぁ。まぁ嘘吐きにふさわしい末路なのかもしれんが。

・仮面ライダーゲンム ゾンビゲーマー レベルX
「バグルアップ!デンジャー!デンジャー!デス・ザ・クライシス!デンジャラスゾンビ!」バグヴァイザーをドライバーにして使用し変身するが、斬月と斬月真みたいな感じでなくこれもちゃんとしたゲンムらしい?そしてエックスじゃなくてレベル10。一気に飛んだなぁ。ゲージが0のままなので死ぬことはないある意味ずるいチートなんだが、攻略は出来るのだろうか。ゾンビゲーは基本力押しなんだけど。

・バグスターわんさか
ゲーム全部クリアしたけどゾンビっぽい雑魚バグスターがいっぱいいて貴利矢の元に辿り着けない馬鹿三人。これも貴利矢の罠とかにされないでよかったけどどのみち退場という一番最悪な結末だよなぁ。

・ゲンムVSレーザー
いいところが全くない…必殺技も効果ないしスパローもパクられて専用装備にされちゃうしもうどうしようもない。そして楽しみにしてるレーザーレベル3と5の装動はどんなモチベーションで待てばいいんだよ…。飛彩ほど極端じゃなくとも逃げる判断はすべきだった。「真実と共に、闇に追放してやる」『クリティカルエンド!』音声は格好いいんだよなゲンムは。ついにレーザーのゲージが0に。

・お前はお前だ
ようやく貴利矢のもとにやってきた一同だが時既に遅し。「少し悪乗りが過ぎたみたいだ…」伝えたかったことではなく自分のドライバーとガシャット共に世界の運命を永夢に託し消滅。「忘れんなよ。お前が笑顔でいる限り、お前はお前だ…お前の運命は、永夢…お前が変えろ!」明らかに永夢の秘密に辿り着いたからの言葉なんだろうけど、秘密を言うか何か隠して真実を残すかしてないと何のためのキャラだったのか微妙になるなぁ。ギリギリチャンバラは捨てたっぽいけど奪われたままの感じかもしれないから、しばらくスパローはゲンムさん用か。

・ゲームオーバー
玩具の展開がないので予想はされてましたけど、ここまで早くレギュラー感満載で出てたのが退場するとはなぁ。既に書いたけど、キャラは不快でも造形は好きなライダーだし、ライダーがバイクになるのではなくライダーそのものがバイクっていうのは面白いと思えた設定だったのになんだかなぁって感じである。永夢の味方を意地でも作らせないという強い意志を感じてしまうわ。(バイクは死んだ目で出るけど)というかまぁ決め台詞のノーコンでクリアはそもそもそれを達成しないと死ぬという当たり前の話だった…オチ。まぁ前作は4,5回コンティニューしてますが。しかしクリスマスの話くらい極端なシリアスやめればいいのに…。どんな詰め込み方だ。

・次回予告 「定められたDestiny」
バグスターウイルスを一般公表とレベルXX登場。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.