Moonlight Butterfly 兼 僕ミシュラン
僕はもう職活を行ったりはしない!この無職は、完全に僕のものだ!
201803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201805
仮面ライダービルド 第19話 「禁断のアイテム」
尋常じゃないくらいギリギリセーフ。




・サイボーグ内海
死んだと思ってた人すらナレでは茶化す流石悪魔の科学者。

・内海正存の理由
死んだと思ってた内海はスタークによって助けられていた。北都に行ってげんとくん弄りをしなくなって寂しいと思ってたら間接的に嫌がらせを再開してて草生えるwここで色々バラされて首相の座とか地盤崩れると洒落にならないので内海の難波重工所属は飲み込むげんとくんだが北都のハードスマッシュはファウストのノウハウがないと出来ないはず、と質問してみるが機密事項です♪と言われキレて追い出されてしまう。

・スクラッシュ使用禁止令
同じベルトなのにグリスがクローズチャージより強いのは踏んだ場数の違い。まぁ戦えば戦うほど強くなるシステムなので好戦的な龍我には合うとは思うが、パンドラボックスの光を浴びた状態に近くなる副作用とか体への負担がすさまじくあると知っている戦兎に使うなと釘を刺されてしまう。そりゃトランザムと一緒で絶対使うよね、と。

・戦いへの考え方
自分のことなので何かあると踏んだのかビルドライバーの強化アイテムと思われる隠しコマンドがあることを知ったせんとくんだが情報を開示させるキーワードが分からない。しかしそんな暇はないので戦う気満々の龍我。人や街を守るためで戦うのが目的でないのと守るために戦うから戦いに変わりないとまたまた二人の間で齟齬が。どこがベストマッチな奴らなんだかw

・バーバー桐生
ただのネタかと思ったけど本当に劇中に存在したマスターのお気に入りの散髪屋だった。そこをスタークさんの紹介ということでたまり場にしてる三馬鹿と一海。その後ろにはBLACK RXなネタが。というか色々情報過多すぎてそこまで見ないよなあw一海のドックタグに紅音矢と書いてあったりとか。スタークが戦兎らの居場所を内緒にしてるというのはマジで、一海らは戦兎らを発見出来ず。地下に潜ってるというのは正解なんだけどね。

・禁断のアイテム
内海はただの秘書じゃなくて秘書になる前は葛城以下ではあったが科学者だったらしい。トランスチームシステムで変身出来るしある程度のハザードレベルあって技術開発も出来るとかせんとくんの下位互換なのね…。何にしろキーワードがあればスクラッシュを上回るアイテムを作れるかもしれない、と葛城が兵器運用を危惧してたのを忘れてるのかせんとくんはげんとくんに聞いてみるが禁断のアイテムを作ったと思い当たるフシを話してくれそうになったが三馬鹿と一海が政府施設を襲撃。敵の兵士を自陣で放置してるんだからそりゃそうなる。

・重要事項
本丸への挨拶もそこそこにみーたんと戦兎の関係性を聞く一海。美空隠匿やみーたんの情報収集力を鑑みて他人の空似だと誤魔化すことに成功。

・ビルド、クローズチャージVSみーたんファンクラブ
武器や戦術の幅の広さは高いビルドだけど押し切る場合どうしても一番スペックの高いスパークリングにならざるを得ないので、どうあっても現在じゃグリス戦向きじゃない。逆に何とか戦える三馬鹿とはクローズが戦うというちょっとイミフな戦闘相手。まぁ手軽にあしらえた方が初期としては経験は積みやすいのかな。

・スタイリッシュなハザードレベル測定
ハザードレベルの整理という名目で戦闘を中断させてそれぞれを測定していくスターク。戦兎と龍我の成長が目的なら危機的状況を煽る必要があるから北都側との差を見せつけないといけないわけだが、別に普通に接触すればいいだけなのになんであんなに格好つけるのかwキャッスルが3.7オウルが3.6スタッグが3.7。グリスが4.2。クローズチャージが4.0。ビルドが3.9。戦兎よりも低い三馬鹿は成分を浴びるだけのスマッシュではなく固定フルボトルを使ったスマッシュだからこその強さだったらしい。問題は戦兎が龍我に抜かれたことと、龍我を除き極端に急上昇するものではないことから一海が龍我に抜かれる可能性が高いということ。つまり乗せる必要もない龍我以外の危機感を煽ったわけだ。「それが現時点でのお前達の力だ。戦兎!万丈に超えられちまったな。こいつを止めるのは至難の業だぞ?」レベルアップする前に三馬鹿が敗北したり逆に戦兎らに負けられても困るのでスタークさんに連れられ北都側は撤退。消しゴムボトルは姿を隠せるとか便利だなぁ。そして龍我さんは早速体調に異変が。

・部下に手は出させない
一海と三馬鹿は箱とボトル奪取が出来ないから一時的に北都に撤退させられたという名目だが、たぶんスタークが戦兎と龍我のかませになるよう安易なパワーアップさせたいから。龍我にハザードレベルを抜かれると言われたので部下らを守りたい一海が自分の体を弄ればいいと格好いいことを言うがスタークさんによると急激な上昇は不可。これはスクラッシュシステムが戦闘を繰り返すことで強くなるが数をこなすしかないというシステムだから…とかではなくまだ使い道のあるライダーシステム使用者より三馬鹿を煽って使い潰すためと思われる。ハザードトリガーによる部下のレベル爆上げを拒否する一海だが、カシラを慕ってる三馬鹿は当然内緒で処置を受けることに。

・ボトル分散
またまた偽物ならともかく戦兎にしては短慮と思うんだが東都のボトルを東都側で分散して所持、保管することに。明らかに疲労してるのかテンプレっぽく栄養ドリンク飲みまくる龍我を心配してまたまたスクラッシュ禁止令が出るが当然聞きもしない。俺の強さに嫉妬どうのこうの言って更に険悪に。

・猿渡一海と三羽ガラスの過去
北都の土地の大地主と部下だったけど土壌がダメになって部下やその家族を守るために軍に出向して三羽ガラスと共に実験された模様。身の上話を聞くスタークさんですが力を与えはするが自分の選択だろという責任逃れを基礎とする外道なので何も感じてはない。一番ダメな奴に頼っちゃったね三馬鹿…。

・今度は俺があいつの力になる番だ
自分を探しに来たみーたんには本心を語る龍我。戦兎は龍我の体を心配してスクラッシュを使わせないようにと考えているが、龍我も照れ隠して嫉妬してるとか言ったが子供が公園で遊べないような現状はおかしいという極めて真っ当な理由で戦争を終わらせようと考えいた。自分を救ってくれた戦兎自身がきっかけとなった現状のせいで笑えていないというのを何とかしたい模様。

・ビルドVSグリス
ボトルの隠し場所がグリスにモロバレで禁断のアイテムのキーワード探しどころではなくなる。これは紗羽さんか?wスタークが仕掛けていったか?何盗んだか知らないけど落としたフェニックス掃除機がなかなか善戦というか掃除機地味に強いなぁ。ハザードレベルだけでない強さもあるのでスパークリングでもなんとか戦えるが、ハードからハザードスマッシュに進化した三馬鹿が参戦。

・ハザードスマッシュ
一海は三馬鹿のやらかしたことにキレ気味だが、自分がボトルを奪えないのでどうしようもない。東都産の過剰成分のハザードは強化体という意味なのか○○スマッシュの後にハザードって付き、三馬鹿の場合はハザードスマッシュ、というものになった模様。実に分かりにくい。分かりにくいがただのビルドでは手も足も出ないのは確か。

・限界
龍我も参戦し強くなろうとするが肉体が早速限界間近。(登場から3話である)ただ戦兎もハザードスマッシュ三人には全く敵わない。一海的にボトルを奪わせたのはいいが三馬鹿の無謀の方が問題ということで再度連れて撤退。分散したボトルのタカで空飛んで追うクローズだが完全に限界が来て墜落。

・復活
見物しようと思ったのか紗羽と共に墜落した龍我の元に駆け寄った美空が触ると復活。逆に美空ダウン。ボトルの成分を浄化出来るのだから理屈的には使われる成分は同じであるスクラッシュの副作用も浄化出来ると思われる。ただし戦兎の機械を使ってないので影響がデカかったか。

・ハザードトリガー
龍我を止める方法としてハザードトリガーを戦兎にチラつかせるスタークさんなのでした。ホント悪意しかないDJサガラだなあスタークさんw

・次回予告 「悪魔のトリガー」
ラビットタンクハザード…顔見せか。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.