Moonlight Butterfly 兼 僕ミシュラン
決して職を求めない この瞬間起こった無職きっと嘘じゃない
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
仮面ライダービルド 第21話 「ハザードは止まらない」
間違って書いちゃったよ。




・北都おばさん
これ人殺しした後である次回もふざけるのかな?

・仮面ライダービルドビルド ラビットタンクハザードフォーム
「ハザードオン! ラビット!タンク! スーパーベストマッチ! アンコントロールスイッチ!ブラックハザード!ヤベーイ!」変身はプレス機になってるんだけどチーン!って音がちゃんと入ってて笑う。しかし使い続けたら脳に影響があり目の前の存在を攻撃するだけの化け物に。複眼以外は全部同じ真っ黒固定なので(現場的に)汎用性が高そうだがそれはあくまでスーツだけで設定的にはクソヤベーイ。オーバーフローモードになると更にハザードレベルが上がって手が付けられない。でも多少の上昇はあるだろうがトリガーで強制的に引き上げられたハザードレベルは流石に変身解除したら戻るのかな?

・OP
そういえばグリスやチャージやスパークリング追加されてた。

・ハザード即暴走
三馬鹿を圧倒しクローズを止めようとするが好戦的になっている龍我が聞くわけもなく。活動わずか数秒で理性の限界。クローズの攻撃で天井の電気壊れて無言で立ってるところがめちゃくちゃイカス。唸りすらあげないからそこがまた余計に格好いいのである。パンチ打ち上げ→オーバーフロー三連撃追い打ちが最高だった。変身解除した龍我から興味を失い今度は三馬鹿を攻撃。ぎりぎりで変身解除した赤黄と違い捕まった青は再びのオーバーフローからのハザードフィニッシュを食らい死亡。ヤベーイのはオーバーフローになると外装を侵食して中身だけを攻撃出来るようになることだよなぁ倒す方向に振り切れた能力だ。生身龍我は放置したけど赤黄にまた襲い掛かろうとしたので龍我は運よく視界から外れただけだった模様。

・青羽死亡
千翼ォ!ニゲルォ!…じゃなかった龍我が止めたのと遅れて来たグリスさんが攻撃したおかげで何故か運よく変身解除したけど外伝見るにトリガー外すくらいしか対処法がないのよなぁ。「心配だな…。カシラは俺がいないと何も出来ないから…何があっても…一緒ですよ」ドッグタグを一海に渡して消滅した青にショックを受ける戦兎。「俺がやったのか?!」自覚ない発言にキレる赤と黄だが冷静に二馬鹿では勝てないと判断してる一海に止められその場は撤退。壊れた戦兎とただ殴られまくった龍我が残るのだった。

・一週間後
仮面ライダーの軍事兵器利用を取りやめたものの時既に遅く北都の進軍は止まらず、当然仮面ライダーが戦わない、ファウストの技術も使わないなら東都に勝ち目はない。一週間でボトルはもうほとんど奪われていた。

・せんとくん壊れる
割と最近の平成ライダーだと本当の外道や自業自得な人間くらいしか結果的な殺害や死の描写はなかったと思う。(フミバァの老衰のような極力自然に近い死はアラン様のためにありだと思うが)三馬鹿についてもビル壊してるとか自らの選択での消滅の可能性の獲得だからこれも自業自得ではあるのだが、愉快なキャラ付けの登場人物を主人公が殺すというのは珍しい。だからこそショックを受けて政府にボトルを返して引きこもっているのだが。

・戦兎の代わりに…ならず
自分の行動が戦兎を傷つけたと後悔してる龍我は再度ボトルをどっかの基地から奪ったグリス達に街を守るために挑む。しかしスクラッシュの副作用以前に好戦派になった結果が戦兎の人殺しなので自身も人を殺してしまう可能性に至り戦意喪失。無力な人間を襲うほど屑でもない一海は二馬鹿と共に去ろうとするが自分のせいで仲間が死んだかと謝ってくる龍我に「半端な覚悟で戦場に戻ってくんじゃねぇ」とキック&説教。

・代表戦
被害がお互いに大きすぎるので東都と北都の仮面ライダー同士のタイマンで決着を付けようぜと北都のおばさんに提案するげんとくんパパ。温厚派だったはずが結局せんとくん頼りに。流石はあの息子の父親である。龍我頼りではないのは彼のライダーとしての戦歴が正直ひどいから。確率的に勝つ方を選ぶよねそりゃ。

・もう、戦いたくないんです
壊れ中のせんとくんに代理戦争を頼みにくる泰山だが東都のためと言われてもせんとくんは当然やる気なし。そりゃ首相とはいえ缶コーヒーでもてなされるわなw

・ごめんなさい…ごめんなさい…
墓参りというよりは殺した場所に花を手向けにくるせんとくんだが青の幻を見たり完全に壊れモード。同じくやって来た一海に好きなだけ殴ってくれ(殺してくれではない)と縋るが戦争なのだから人の生き死には当然だからお前は悪くないと声をかけられる。「お前は何も悪くねぇ。敵も味方も死なせねぇなんてただの戯言だ。俺は目の前で何人もの命が奪われるのを見てきた。それが戦争だ。あいつだって命を賭ける覚悟は出来てた。弱いから負けた…それだけだ。お前のせいじゃねぇ」ただし、その件と自身の感情とは別で仲間であった相河修也のために代表戦でぶっ倒す宣言を受けてしまう。

・元凶頼り
戦兎がどこまで知っているかは分からないものの、本当に全部が全部マスターのせいなのに頼れる人間がそのマスターしかいない。責めるつもりはないだろうが龍我を止めるためだし。みーたんは庇護する存在だし紗羽さんは微妙だし首相は頼って来るだけだし。ということで連絡を取って会うことに。

・お前が戦うしかないんだよ
ネビュラガスを注入された時点で人間ではないとか兵器を壊しただけだから気にするなとか戦兎が戦わないなら龍我が戦うし、でも今のクローズではグリスには勝てないので負けて市民に叩かれるetc.つらつら書いたが、類を見ないほどのお前が言うな案件である。本当にスタークさんは下種いなw

・Are you ready?
ということで北都のボトルを勝手に戦兎に貸し、グリスに勝てば全て終わると特訓をすることに。ハザードレベルが上がれば単純に強くなるしハザードトリガーもある程度使いこなせるようになる。ついでにビルドドライバーの特徴はハザードレベルで測れない強さと言ってるが、まぁこれは気合信念ノリとお約束云々もあるだろうけどやはり膨大な戦術を使えるという点も含まれる。「何をためらってる!お前には守るものがあるんじゃないのか!自分が信じた正義のために戦うんじゃないのか?それとも全部嘘だったのか!!」「最悪だ…。こんなに痛くても、苦しくても…戦うしかねえのか」厳しくとも優しくいい人なおやっさんポジを演出してるけど全部この人のせいである。

・特訓中
「ダメだダメだ。2つの特性を活かせてねぇ!」「どんだけ赤と緑が好きなんだよ!!」今日はお前が言うなが多すぎて飽和状態である。ということで特訓は続く!でタートルウォッチは次回だろうか。

・仮面ライダービルド ローズコプターフォーム
「ローズ!ヘリコプター!ベストマッチ! Are you ready? 情熱の扇風機! ローズコプター!イェーイ!」バラは棘とか鞭とか攻撃的でヘリコプターは飛べたりプロペラで切りつけたりとお互いに攻撃的ではあるが綺麗な動きをしたり花を元気にしたり自動で種をまいたり相変わらずビルドの設定の方面はギャグで振り切ってるなぁw

・始め!
ガンダムファイトならぬライダーファイトをやるのはいいが審判一般人だけど大丈夫?

・次回予告 「涙のビクトリー」
出すしかないよなぁ?(笑)


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.