Moonlight Butterfly 兼 僕ミシュラン
僕はもう職活を行ったりはしない!この無職は、完全に僕のものだ!
201803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201805
仮面ライダービルド 第26話 「裏切りのデスマッチ」
今回は極端につっかえなく書けたがむしろやる気がなかったせいである。




・どうなっちゃうの
あまり茶化すような状態でもないので特にコントなし。

・裏切り者がいる
ラビラビの顔になったら正気に戻るせんとくん。さらっと初めてビルドでメット(?)内の装着系ライダー的な描写が。おそらくバングルさんがトリガーへのカウンターとしてのラビラビをヒントに与えてくれたわけだけど別にメット内映す必要あったのかしら。龍我はせんとくんのやらかしにキレかけるが、カシラは裏切り者がいると即断。真面目なカシラは冷静で助かるなー。大ファンのみーたんの危機だが流石に仲間全部死んだらふざけてる場合でもない。

・代表戦再び
箱は西都に取られたが平和路線だから箱の解放はさせまいとボトル譲渡拒否するげんとくんパパだが、東都への被害を最小限にすべく結局代表戦に。せんとくん達ライダー頼りなのは息子と何も変わらないんだよねw

・3対3
北都は現在ないようなもんなので一海も東都側として代表戦へ参加することに。

・疑心暗鬼
西都のスパイがいると思って険悪になる龍我と一海。前回までの時点で紗羽さん確定で実際にそうだったのでどれだけ甘いんだ…となる。むしろ身内のせいで悪化していってるよね全部の問題が。どうも龍我と一海のやり取りはアドリブがあるようで、音矢の人の指摘が毎度面白い…グリスパワーアップなくても退場しませんように…マジで。一方ほぼスパイの見当がついてると思われるせんとくんは暴走停止の件でバングルさんの力を使えばトリガーの暴走を阻止出来るボトルが出来るのではとみーたんに新規ボトル作成を依頼。

・総集編…
ビルドの映像(誰視点?)をみーたんに見せて制御アイテムを作らせようとするのは分かるが、露骨に過去映像なので総集編かと思ったがそこまで長いわけでもない。

・有機物と無機物
ベストマッチは馬鹿的には生き物と機械、天才的には有機物と無機物。じゃあ有機物同士無機物同士は?とせんとくんより先に龍我が直接的に対処法を示唆。やはり第六感…。龍我の茶々入れと箱の成分に一番反応したラビタンから美空が導き出したのはもう一本のラビットボトル。

・同じ成分同士
ラビットラビットをトリガーで試してみるが浄化するネビュラガスがあったわけでもない全く同じラビットではないせいか大爆発。失敗というよりは強力なエネルギーには強力なエネルギー(ベストマッチ)をぶつけて相殺すればいい的な力技での解決策を思いつくのだった。

・特訓
結局スカイロードの墓には三馬鹿全員分のタグが埋められることに。そういえば龍我も大事な人が死んだんでなく消滅したんだったなあ。アイテム開発には役に立たないバカは墓参りついでにかずみんと戦って代表戦までレベルを上げておくことに。龍我なのに極めて真っ当かつ建設的な考えである。「さあ、実験を始めようか」ここでセリフをパクったもんだから自分がパクられる羽目に…。スクラッシュ同士での戦いじゃなくて生身で殴り合う気だったのか久しぶりにドラゴンボトルを振って盗聴器を発見。ゼリーしか使ってなかったから盲点だよね、確かにね。

・かまかけ
無駄に器用な紗羽とパワーアップアイテム作り。過去の研究所の事故の被害者に滝川という苗字はいないと指摘するせんとくんに母方の苗字に変わったから…と明らかに狼狽しながら答える紗羽。というかそもそもが怪しんでなきゃ過去の事故を調べないよな。結果的に裏切り者は紗羽でパワーアップアイテムのデータを西都に持ってくんだけど、何か対策でもしてるのかと思ったが割と普通にパクられてるので、ラビラビはわざと情報を渡しタンタンを隠してる…くらいしか回答がない。むしろガチで善性を信じていて一緒に製作し、両方のフォームを晒しているなら今回賢い方だった龍我以下である。

・一週間後
代表戦の日。今回は審判が人じゃなくてボールカメラ。一気に発展したなあw代表戦が始まってようやくせんとくんのアイテムも完成。紗羽をスルーして急行。案の定データをコピー。

・グリスVSエンジンブロス
単体では現在一番弱めのライダーで最初から押され気味なので、やはり一海は龍我ほどハザードレベルが上がりやすいわけではない。ただ、最後の最後でがっつり粘って勝利するのでめっちゃカッコいい!ただし、グリスが勝利する=クローズの敗北確定というw

・存在の証明とパクリ
鷲尾兄弟は洗脳もだけど難波の役に立たないと捨てられる立場だったし戦って勝ち続けてきたので強かった。(回想シーンにしっかりいる紗羽w)しかし一海は逆に仲間に支えられここまで来ているので、鷲尾兄弟の気持ちなんぞ分かるわけもなく一蹴。「分かるわけねぇだろ…!仲間のありがたみを知らねぇ奴の気持ちなんてな…!知りたくもねぇんだよ!修也…聖吉…勝…!お前とはな…背負ってるもんが違ぇんだよ!!!!友情!厚情!激情!今の俺はなぁ…負ける気がしねぇ!!」「パクりやがった…」

・これからが本当の地獄だ…
せんとくんが到着したが出番はないとやる気満々で二戦目に向かう龍我。しかし対戦相手のヘルブロスという名前に聞き覚えがない。龍我の癖に相手の名前を憶えてるんなんて…。訓練もだけど今回はあんまり馬鹿じゃないw

・ヘルブロス
「ギアエンジン!ギアリモコン!ファンキーマッチ!フィーバー!パーフェクト!」カイザーシステムは合体してんだから想定くらいしておくべき(主に頭脳であるせんとくんが)だが、リモコンとエンジンが合体したヘルブロスを前にパクられたセリフは言えずギャグで終わる龍我なのでした。「うそーん!?」ただでさえ勝率が皆無に近いのに初見殺しとはいえ確定負けをギャグ引きから食らうとかもう悲しくなるよ。(笑)

・次回予告 「逆襲のヒーロー」
ラビットラビット登場だけど…


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.