Moonlight Butterfly 兼 僕ミシュラン
時代に取り残された平成無職ニート達 今その怠けが世間へと伝染する 祝え!新たなる屑の誕生を!!
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
仮面ライダービルド 第27話 「逆襲のヒーロー」
ほぼ場面が変わるようなこともなく戦ってただけだから思ってたより早く書けた。




・ギュインギュインのズドドドド
バーバー桐生はともかくナレを本編にぶっ込むって西都おじさんとせんとくんはどういう関係なんだよw

・隠し玉
ヘルブロスが登場してようやく映画のバイカイザーを思い出すせんとくん。ブロス兄弟出てきた時点でカイザーシステムの派生だとは気づいてたくせに合体システムは予想しなかったのだろうか。難波会長によるとヘルブロスは強すぎて他の商品が売れなくなるから隠してたらしい。

・クローズチャージVSヘルブロス
「ヘルブロスだかケルベロスだか知らねぇが、誰が相手だろうと関係ねぇ…」でも変身シーンを切られるからこりゃ確定以前にギャグ負けするかと思ったら大苦戦してんのになかなかどうして頑張るクローズさん。スクラッシュシステムのデータ記述はあくまで初期値なので今現在どこまで上昇してるか分かりにくいんだよね。初期値だけを見るならチャージはヘルブロスには手も足も出ないのは分かるんだけど、途中からほぼ圧倒出来ているためヘルブロスに肉薄するほど上昇していると思われる。流石スタークさんが期待するだけの龍我である。

・かずみんに頼みたいこと
勝利して一人ボロボロで敵討ち出来たことに満足するかずみん。紗羽から電話で何か頼まれ一人でどこかへ突撃。紗羽の家族関連か、それに準ずる人質奪還系かな?

・戦う理由
特訓後、かずみんも国のため仲間の家族のため、自分以外の誰かのために戦ってると知り感心する龍我。そんな龍我は自分のためか自分を信じてくれた奴のためにしか戦えないと正直に話す。せんとくんのことならホモなのでキモがるかずみんだが、まぁせんとくんの自己犠牲の精神はやっぱりかずみんから見てもすごいらしく、一方で記憶にないけど戦争の原因でもあっていつか壊れることを危惧。

・信じた俺が悪い
弟が人質になっていて負けたら自分達の命が危ないと聞いて戦意喪失した龍我は手を出せなくなり敗北。確定負けではあったんだけど、実力的には勝てたのに優しかったので負けてしまうという龍我の株が落ちないギリギリの線である。一方自分達は最終兵器だからそう簡単にスクラップにはなりませ~んと人質云々は嘘だったとすぐ暴露するゲス兄弟。まぁ洗脳とか厳しい立場なのは間違いないだろうが、自分らがスクラップになるフラグを立ててしまったなあw騙された自分が悪い、と龍我は潔よく敗北を認め、戦兎が仇を取ってくれると納得。勝ったのに龍我が大人だったため微妙な表情する兄弟ワロタw

・強化アイテムデータゲットだぜ
色々手を打った紗羽が会場入りしてビルドの強化アイテムの情報を横流し。「余計なことはするなよ。お前は私から逃れられない」それなんてエロゲ。まぁドライバーも機械だしデータ転送とか出来るのは分かるけどラビラビの対策含めその場ですぐ出来る辺り内海はかなり葛城に迫る優秀さがあるのかな…。

・大義のために
ロッカーで集中してるげんとくんは復讐に興味ないと言ってるけど後述で根に持ってるのが分かるwただ、あくまでげんとくんなりの日本統一を考えているはずだが、エボル側につくのか、ギリギリで微妙な立場の味方化するのか、どうなるんだろう。

・お前の分まで
まぁ嘘吐く相手が100%悪いので誰も龍我を責めず静かにやる気を出す戦兎君。お互いに心配しあってるのでかずみんのホモ予想は正しい。しかし控え室にいないのに気づかれず話題にも出されないかずみんかわいそうだなw勝ったのに。

・兵器VS兵器
ということでビルドとローグの代表戦開始。相変わらず友達が葛城しかいないのでせんとくんを葛城と呼ぶげんとくん。ライダーシステムは兵器ではないと否定するが、げんとくんは聞く耳持たず。

・未来の礎
げんとくん視点の記憶なんだけど葛城はあくまで未来のために悪魔に魂を売ると言ってるだけ(争いが前提であっても科学の発展が大事)でライダーシステムが兵器であるとは肯定してない。まぁ争いは起こるものだと葛城は理解してもいるから、げんとくんはその件で全部悪い方(戦争は起こしてもいい)に受け取ってる感じだよね。

・戦争と科学
科学は人類のためと言い張るせんとくんに人を傷つけることしか出来ないハザードトリガーはアカンやろと指摘するげんとくん。まぁハザードトリガーは明らかに平和利用出来る代物ではないから、科学者として好奇心から作ってしまって封印したんだろうことは分かる。まぁせんとくんも作った武器を試してえ!グヘヘ!をやってるんで根本的に科学ジャンキーさは変わってないので、げんとくんの言い分はもっともであった。結局原因は自分だから自分で終わらせるとしか言いようがないよねせんとくんは。「スパークリングはもう通用しない。何をしても無駄だ。お前は…葛城に勝てない」ナイトローグ時にスパークリングにフルボッコにされたことまだ根に持ってるよなあwというのは置いておくとして、葛城が残した最高傑作であるスクラッシュを使うげんとくんは強く、一方で争いを否定するなら害しかないトリガーは使えないはずだから、あくまで桐生戦兎としての最高傑作であるスパークリングは通用しない、葛城には勝てないという意味だと思われる。

・桐生戦兎を創ったもの
平和のために戦ってきたのは葛城でも佐藤でもなく桐生戦兎だと言われたことを思い出すせんとくん。お互いに心配してるだけじゃなくお互いがお互いを創り出した、と思っていたせんとくんと龍我。そらかずみんもキモがるわけである。「筋肉バカに言われたあの言葉が、今の俺を創った。あいつだけじゃない。みんなの思いを受けて、俺は桐生戦兎として、正義のためにライダーシステムを使ってきたんだ!俺は俺のやり方で、葛城巧を超えてみせる!」「そう言って、なおも葛城の道具に頼るのか」データ転送されてるわけでげんとくんも何かしら来るとは予想くらいしてて欲しいけどフルフルに驚くのはどうなんだw演技か?w

・仮面ライダービルド ラビットラビットフォーム
「マックスハザードオン!ラビット!ラビットアンドラビット!ガタガタゴットン!ズッタンズタン!Are you ready?オーバーフロー!紅のスピーディージャンパー!ラビットラビット!ヤベーイ!ハエーイ!」タンタンとでワンセットなのか公式にページまだなし。まあオーバーフローの力を自我を持って扱えて、同一成分同士のベストマッチなので極端に能力をとがらせてると思われる。そして一応ある程度のスペックアップと新武器…というところか。ハザードのヤベーイ!だけだとただヤバいだけだけどハエーイを付け加えると「すごく早い」に受け取り方が変わる。ところでミニラビ君(名前不明)はどこから来たんだ…。というかハザードにそのまま追加装甲っていうのは完全に予想外だった。プレスにひと手間加わるのかと。

・ビルドVSローグ
「あれがギュインギュインのズドドドドドド…!」スパークリングの泡高速移動より早く動いている感じは正直しないけど早いらしい。ただ攻撃がローグに通用するだけじゃなくて割と素でげんとくん焦ってるw「この強さは、自我を失った状態と同じ…!なのに、どうして意識が…」「俺はもう自分を見失ったりはしない!この力は、完全に俺のものだ!」「どこまで強くなる…!」「これが正義の力、桐生戦兎の力だ!」フルボトルバスターで決める…というよりは何本まで行けるかなという実験んにしか思えんw4本はタンタンと同じく秘匿なのか三本目の時点でローグさんグロッキーに。必殺技がバネで伸びる足を固定して縮む力で蹴っ飛ばすというなかなかイカス技である。足が止まったので攻勢に出ようとして蹴られるローグさんがウケルー。そういえば挿入歌入ったなまたガールズかしら。

・余興終了
壁突き破って場外だけど決着は降参か変身解除か戦闘不能なので戦闘続行。というところでようやく攻略データを転送されローグさん復活。(眼鏡がわざとデータ転送を遅らせた説ワロタ)まぁ新フォームに対策なしでここまで耐えただけでもローグさんは強いっちゃ強いんだが、結局タンタンに負けると思われるんでげんとくん哀れ…になっちゃうんだけども。

・次回予告 「天才がタンクでやってくる」
タンクタンクフォーム登場。というか元ネタは子供どころか割と大人でも分からんやろこれw


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.