Moonlight Butterfly 兼 僕ミシュラン
決して職を求めない この瞬間起こった無職きっと嘘じゃない
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
仮面ライダービルド 第30話 「パンドラボックスの真実」
web拍手等レス
>ニートの先輩であるまながさんに伺いたいんですけどまながさんって髪を何ヵ月ペースで切るんです?
目にかかったら面倒なので切ります

まぁマシな時間に書けたか。




・仲がいいんだもん
あらすじではどうも本編ではっちゃけられないキャラもはっちゃける場らしい。

・スクラッシュドライバー破壊
「まだ生きてたとはな…」というスタークさんが割とマジ気味で先制攻撃しようとして吹き飛ばされてるくらいなので同類なのが分かる。ただ、死にかけなのでスターク(の中の人)ほどの強さはない模様?結局火星パワー含んだ攻撃はクローズが咄嗟に庇ったため問題はなかったがスクラッシュドライバーが壊れてしまう。ぶっちゃけ活躍しないんだったら代表戦で壊してノーマルの出番増やしてればいいのにと思わないでもない。ベルナージュ様によってワープさせられた一同はギリギリで助かるのだった。弱ってようが空間転移とかできるのは相当強いのでは。「面白くなってきた…これから真の戦いが始まる」げんとくんの戦争の始まりよりよっぽど末恐ろしい発言だ。

・火星方面
地球を火星の二の舞にさせないような慈悲深い女王様かと思ったらドSだったでござる。「小娘って言われた…」「よかったじゃん」悪魔の科学者の悪の部分出てたwというか王妃の前で整列してるシーンは割とアドリブあったりするらしい。しかし増えた情報は王妃が死にかけてる(消えかけてる)のと、エボルトの手によって火星が滅びたということ。つまりエボルトはキャラクターであること。一体何タークなんや…。

・お前が希望になる
自分のことを知らない、というベルナージュ様の反応から龍我は普通の人間でないことが分かる。馬鹿が多いので人形劇で情報を整理してるけど一切理解出来てないのは龍我だけじゃないのか。ふざけてるけどカズミンも多少は理解してるだろうし。そんなバカの異常な成長速度はやはり不自然だと言う。

・謎のボトル出現
まさかギャグ扱いだった龍我の第一章横浜で生まれた話に裏があるとは思わなかったでござる。両親は10年前事故で亡くなっており、ショックだったから記憶がなくなっているらしい。明らかに人外フラグだなぁ。火星人の生き残りの子孫とか、本当の龍我は事故の際に死んでて火星人の子と入れ替わってるとか。壊れたスクラッシュドライバーとゼリーの残骸で遊んでいると、龍我が普通ではないという話になった途端、不自然なほどいきなり岩っぽいボトルが出現。この時点で怪しさ全開なので龍我の調査を紗羽に依頼し、自分はクローズのパワーアップアイテムを作ることに。

・一時的なもの
一応難波らに報告するマスターだが信じてもらえない。油断は出来ないものの一時的な力なので心配はないらしい。

・抑止力
クローズのパワーアップアイテムが完成したが爆発により龍我はダウン。意識の戻った美空に守れなかったと謝るせんとくんだが、流石にこればっかりはせんとくんのせいでもないし、美空がベルナージュから受ける印象は悪いものではない。一応ドSだけどやはり地球の味方ではあるのかな。ベルナージュの力があるから西都は用心して攻めて来てないが、一時的なものということでその間に何かしら策を考えないとというせんとくん。箱を奪ってベルナージュの代わりに抑止力にしたらいいがそれは侵略行為なのでNG。既にせんとくんは前回から行動してるんで既に計画はしてるらしい。

・犬になったつもりはない
敗北から久しぶりにげんとくん登場。何をやっても日本のトップになればいいというプライドを捨てたスタンスになってるかと思いきや負けたのに約束を反故にして東都に攻めているのは気にくわないらしい。でも西都に従わなければ死ぬ系の何かの処置をさせれてる模様。

・国家反逆罪
ちょっと久しぶりにバイク乗った気がするなぁ。せんとくんの作戦は首相から1ドルク盗んだことにしてビルドの軍事起用を解除しフリーになった上でパンドラボックスを奪うという作戦。屁理屈なんだけど悪くはない手か。そんなせんとくんを捕まえるために派遣されてきた龍我とカズミンは1ドルク奪取とビルドから箱を奪う任務を帯びていた。これも一応来る分には内容として成立してるけどこれだとこの二人は西都軍とは交戦出来ない気がするががっつり戦ってるw「首相も粋だよなぁ」「だから侵略行為じゃありませーん!!」そして久しぶりにノーマルクローズ登場である。

・難波帝国
せんとくんらの侵攻は侵略行為じゃなくなったが単純に叩き潰せばいいとどこ吹く風で打ちっぱなしにいる会長。ぼそっと難波帝国なんて望みを言っちゃったのをげんとくんが聞いてしまったわけですが、げんとくんの野望こそ自分がトップに立って国を統一すること。それが嘘でないならば難波と敵対することになる。

・分裂
ようやく本気を出すとはスターク談。しかしそれを止めようとしたのはおそらく本来の人格の惣一。この時点で惣一は火星で乗っ取られており、スターク主体の時の正体は…ということになる。

・結局力で解決
タワーに入って箱を奪うべく物理的に壁を壊して入るためトリプルキックを行うが合体ハードガーディアンを倒せただけで壁の中には自動で開いたので招かれることに。タワーと内部は箱の持ち主か火星の力を持つ者であれば自由に操れるらしく、地の利を得たぞ的なことで雑魚気味のブロス兄弟やハードガーディアンに微妙に苦戦。ただし新アイテム装備とはいえクローズは極端な劣勢に陥ってないのが龍我のハザードレベルの高さがうかがえる。ま、短期戦だからだが。動きく部屋の拘束を根性で突破したようにも思えるけど、やっぱり火星関係だからかなあ。

・マグマナックル
「俺が使うために持ってきたけど、お前に貸してやるよ」完成の時点でクローズのアイテムと言ってるので完全にせんとくんはツンデレである。ただし火星関係の覚醒度、もしくはハザードレベルが足りないのかボトルの方は起動せず。「お前が気絶したから試せなかったんだろ!いいから武器として使いなさいよ!」時々せんとくんはカマ臭い喋り方になる。「ったく。負ける気しかしねぇ…」しかし武器としてはなかなか強い。

・とんでもない事実
万能な紗羽は龍我のことを調べて基地に帰還。人間じゃないかもしれないということで正体は次回。

・次回予告 「ほとばしれマグマ!」
クローズマグマ登場!


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.